スポンサーリンク

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」まもなく投票開始

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」ですが、いよいよ11月1日(火)から投票が始まります。

証券会社や運用会社など売り手の都合で選ばれたファンドではなく、個人投資家が本当に良いと思える投資信託を選ぼう!

という趣旨で始まったこのイベントも、今回で第10回(なんと10年!!)となります。

私は第1回からずっと投票を続けていますが、運営委員長のrennyさんのブログ企画として始まったものが、ロイターなどメディアにも取り上げられる様にもなり、こうして10年続くというのは、ひとえにボランティアの事務局の方々の頑張りが凄いなぁという思いでお祝いいたします。

投信会社の方々も毎年関心を持って表彰式に参加されていますが、10周年のお祝いコメントも届いているようです。

参考投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016
>>この記事の続きを読む


ニッセイ・インデックスファンド<購入・換金手数料なし>シリーズ信託報酬率引き下げと積立ファンド変更

先週21日に正式にプレスリリースが発表され、界隈で話題になっていましたが、ニッセイAMの<購入・換金手数料なし>シリーズ7ファンドの信託報酬率引き下げが行われます!!!

参照<購入・換金手数料なし>シリーズ7商品の信託報酬率引き下げについて

これにより、国内債券を除くファンドは信託報酬コストがクラス最安となるのですが、<購入・換金手数料なし>シリーズの特に素晴らしい点はここ最近の資金流入が非常に強くて勢いがある点。

たわらシリーズやiFreeシリーズを差し置いて、間違いなく資産運用のメインツールとして育って行くのじゃないかなと感じさせるニュースでした。

国内株式(TOPIX)インデックスファンド資金流出入状況(2016年9月)
低コストインデックスファンドの登場が相次いだことで、先月、アセットアロケーションのメインとなる外国株式インデックスファンドについて、主な低コ...
外国株式インデックスファンドの資金流出入状況(2016年8月)
先週「iFreeインデックスファンド」シリーズがSBI証券と楽天証券で発売開始されました! これまで新設ファンドはしばらく様子を見る(...

>>この記事の続きを読む


さくらスタンダードからwpXクラウドにサーバー移転しました

投資には関係の無いお話です。

昨日から今朝にかけて、当ブログシステム(Wordpress)を設置しているレンタルサーバーをさくらスタンダードから、評判の良いwpXクラウドに移転しました。

読者の皆様の側では特に作業は発生しませんが、不具合等お気づきの事がありましたらコメントを頂けるとありがたいです。

移転の際にデーターベースを壊してしまうなどトラブルもありました(バックアップがあって良かった)。

全くの素人が試行錯誤しながら作業しているので、なかなか大変なのですが、趣味の一つとして楽しんでいます。

以下、レンタルサーバーでのブログ運営に興味のある方は是非御覧ください。

>>この記事の続きを読む


竹川美奈子著「個人型確定拠出年金iDeCo活用入門」がわかりやすい!

週末、妻と「来年1月から個人型確定拠出年金が誰でも加入できる様になるけど知ってる?」という話をしていましたが、「何の事?」と予想通りの返事が返ってきました。

誰でも個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる様になると言っても、そもそも一般には自分の年金がどういう仕組みになっているのかも知らない人が多いし(特に若い人)、企業型確定拠出年金と違って個人型では自分から進んで情報を集めないと教育の機会も無いんだよね。

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座はSBI証券か楽天証券のどちらを選ぶ?
2017年1月1日より個人型確定拠出年金(iDeCo)に誰でも加入出来るようになりますが、ここに来て証券各社も顧客の囲い込みに盛り上がってき...

「どうやらiDeCoがお得らしい」と聞いたところで、何から勉強したら良いかすらわからんと

そういう方には1冊まとまった本を読まれる事をお勧めします。

我が家で購入したのはこちら(Kindle版もあります)。

一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門(竹川美奈子著)
>>この記事の続きを読む


国内株式(TOPIX)インデックスファンド資金流出入状況(2016年9月)

低コストインデックスファンドの登場が相次いだことで、先月、アセットアロケーションのメインとなる外国株式インデックスファンドについて、主な低コストインデックスファンドの資金流出入状況をまとめました。

同じく、非常に低コストであるiFreeTOPIXの参入と、三井住友AMのDC専用ファンド(三井住友・DC日本株式インデックスファンドS)の一般売りが始まった日本株式クラス(TOPIX)についても最新の情報をまとめておきます。

なお、低コストで有名な「たわらシリーズ」はTOPIX連動インデックスファンドの設定がありません。

(資金流出入データは Morningstar より引用)
>>この記事の続きを読む


敗者のゲームを知っていますか?-インデックス投資のメリット-

競技としてスポーツをやっている(いた)人は感覚的にわかると思うのですが、アマチュア同士の勝負はミスが少ない方が勝つ試合になるという事が研究されています。

ゴルフで言うと、素人の場合、ドライバーを力いっぱい振り回して飛距離を稼ぐ(その結果ラフから2打目)よりも、慎重にフェアウェイをキープしていく方がスコアがまとまります。

ちょっと遠いなぁと言いながら、使い慣れない3番アイアンでグリーンオンを狙ってOBを出すよりも、7番で手前に置いて花道からグリーンを狙うほうがどんなに楽か。

所詮お遊びと思えば、一発を狙った方が楽しいかもしれませんが、絶対に負けられない真剣勝負と思えばどうか?

ミスを極力減らす様なプレーにならざるを得ないのでは。
>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク