主要ネット証券 米ドル調達コスト比較

スポンサーリンク
 海外ETF 

米国株や海外ETF (米国ETF) に投資する場合に、どの証券会社で取引するかを決める訳ですが、その際に最も考慮すべき事はドル調達コストです。

日本円から米ドルに為替振替する際の調達コストは、為替スプレッドに含まれており、主要ネット証券(マネックス証券、SBI証券、楽天証券)で為替取引を行う場合、一律に1米ドルあたり25銭となっています

現在のレート、1ドル107円とすると約0.23%にあたるので、投資額が大きいとそれなりにインパクトがあります。

さて、SBI証券と楽天証券ではこのドル調達コストを安くする方法がありますのでご紹介。

スポンサーリンク

FXからの現引き(SBI証券)

SBI証券ではSBI FXαによるドル買建玉を現引きによって外貨そのものを受け取る事が可能です(ミニFXは対象外)。

これによりスプレッド0.5 銭で米ドルを調達できます。

ただしSBI FXαは1単位が1万米ドルと100万円以上必要なので、積立には使いづらい仕組みです。

あと、FXは注文に慣れるまでは少し大変です。

SBI証券 – 米ドル現引きの手順
海外ETF購入の為の米ドルを最も低コストで調達すべく、久しぶりにSBI FXαにて米ドルの現引きを行いました。前回(昨年6月)にも、現引きの手順に関するメモを残していますが、この1年間で手数料体系が変更されていますし、自分で過去記事を参考に

住信SBIネット銀行からの外貨入金(SBI証券)

SBI証券の外貨建口座と住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座間では外貨入出金が可能です(これを利用するのがもっとも簡単で手っ取り早い)。

住信SBIネット銀行でのドル円の取引コストは1米ドルあたり4銭となっていますので、SBI証券ユーザーはドル調達時に限らず円転する際も住信SBIネット銀行へ資金を移動してから取引した方がコスト面で有利です。

特に外貨積立の場合は2018年4月2日以降1米ドルあたり2銭にコストが改定されていますので、コツコツとドルを買っていくのも良いでしょう。

あとは、住信SBIネット銀行は他の外金融機関からの外貨送金受取に対応しています。
5万通貨以上で手数料無料(5万通貨以下はドルの場合25米ドルの手数料がかかります)。

なんらかドルを調達する手段がある場合は、住信SBIネット銀行に送金しSBI証券へ移動する事ができます。

SBI証券、住信SBIネット銀行で外貨の資金移動が可能に!
2012年10月より、SBI証券の外貨建口座と住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座間で対象7通貨を外貨のまま資金移動可能となる外貨入出金サービスが始まりました。現在は為替コストも下がり、更に使いやすくなっています!SBI証券、住信SBIネ

ちなみに住信SBIネット銀行が発行するVisaデビット付キャッシュカードはドル決済が可能な為、ドルを円転することなく使う事も可能です(現在、海外事務手数料分はポイントバックされます)。

米ドル決済が出来る!住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカードが登場 | 家計&資産管理マニュアル

楽天証券・SMBC信託銀行外貨送金サービス(楽天証券)

楽天証券はSMBC信託銀行と提携しており、外貨送金時にSMBC信託銀行に支払う入金手数料が通常4,000円/1回から1,000円/1回に安くなっています。

なんらかドルを調達する手段があればSMBC信託銀行(あるいは三井住友銀行)を通じて楽天証券へ入金が可能。

しかし現実的には、このあたりのサービスはSBI証券が一歩先を行っている現状です。

売買手数料なども考慮が必要ですが、米国株や海外ETF (米国ETF) 利用者は総合的にはSBI証券の一択で良いのではないでしょうか。

ネット証券の海外ETF (米国ETF) 口座比較一覧(2016.7)
SBI証券が米国株式取引手数料を7月11日より引き下げるという事で、マネックス証券と並びネット証券で最安となります。 参照SBI証券 米国株式 手数料大幅...

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 海外ETF 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント