つみたて貯蓄(投資)こそサラリーマンの資産形成の王道

スポンサーリンク
 つみたて投資の実践方法 

先日、若い後輩と飲んだ時に「どうやってお金を貯めたらいいですかね?」というような話がでました。

私もそうですが人間の意思って弱いもので、なかなか給料を計画的に使ってお金を貯めていくというのは難しいものです。将来の備えよりも、目先の趣味や遊び、買い物にお金を使いたいと思うのが普通。

そこで、給与天引きの出番ですが、私が社会人になった20年ほど前は、財形貯蓄をやるように職場の先輩からアドバイスをもらいました。

ただ現在は、この低金利のご時世に財形貯蓄は無いないよなぁと思います。

「住宅財形」と「年金財形」であれば「一般財形」と違って550万円まで利子の非課税枠がありますが、大手銀行の財形貯蓄口座ではそもそもの金利がショボすぎ。例えば、現在のみずほ銀行の財形住宅10年定期型が年0.010%。

これ、100万円を10年間預けて得られる利子はたったの1,000円(非課税)です・・・いくら非課税でもこれでは意味がありません。

今だったら、つみたてNISAiDeCoといったつみたての税制優遇制度が第一選択になるでしょう。

投資はよくわからないという人は、ネット銀行のつみたて定期預金でも良いですし、とにかく給与口座(生活口座)から別の口座(貯蓄口座)へ給与が入ったら自動的にお金を移動すること。

毎月の給与から一定額を有無を言わせず貯蓄する(そして簡単に引き出せなくする)ことで雑音に惑わされずに資産形成が出来ます。

社会人になったら、絶対にまずそういう仕組を作ってしまうべきですね。

スポンサーリンク

自動入金、自動振込サービスの活用

例えば、住信SBIネット銀行の「定額自動入金サービス」は、本人名義の他行口座から毎月5日または27日に指定金額を引落し、住信SBIネット銀行の口座に入金できるサービスです。

これを住信SBIネット銀行の「定額自動振込サービス」と組み合わせれば、どこの口座へも自動で自由自在に資金移動ができます。もちろん手数料は無料(ただし振込手数料無料はスマートプログラムのランクによって月1回から月15回まで変動します)。

まずは生活防衛資金としてまとまった額が貯められるよう、これらの自動サービスを活用して貯蓄してみてはいかがでしょうか。

積み立て定期預金の活用

車の買い替えやマイホーム費用であったり、近々使う用途の決まっているお金はリスクに晒す訳にいかないので、金利の良いネット銀行の定期預金で貯めるのが良いでしょう。積み立て定期預金というサービスもあります。

例えば、イオン銀行の積立式定期預金は現在の金利が年0.15%(税引前)と比較的高く、月々5,000円から普通預金口座から定期預金に自動積み立てが可能。イオン銀行を生活口座にしている人にとって非常に使いやすいサービスです。

また、ソニー銀行の積み立て定期預金も、現在の金利が年0.150%(税引前)で月々1,000円から。こちらはおまかせ入金サービスとの組み合わせで、他行から自動引落(手数料無料)するサービスと合わせて利用が可能です。

つみたてNISAの活用

2018年から始まったつみたてNISA制度ですが、つみたて投資によって得られた譲渡益や分配金の運用益が非課税となるお得な制度。

これまで投資に縁がなかった人も比較的とっつきやすい非課税制度となっています。

つみたてNISAの始め方。まずは最初の一歩を。
2018年から始まったつみたてNISA制度ですが、とうとう私の職場でも「今度つみたてNISAを始めるんだ!」という声が聞かれるようになりました(これって凄いこと...

決まった用途がない将来への貯蓄のお金はまずはつみたてNISAに。

つみたてNISAの年間の投資上限額は40万円までということで、私は毎月30,000円(ボーナス月は50,000円)をつみたてています。

iDeCoの活用はよく考えてから

2017年から誰でも個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるようになりました。「老後」に向けた資産形成の基礎となる非課税制度ですが、こちらは一度加入すると辞められないのでよく考えてから始めましょう。

iDeCoは掛け金の全額が所得控除されるので、かなりお得な制度です。

ただし、60歳まで(最長65歳まで)引き出しが出来ずに資金拘束されます。

また、口座管理手数料(金融機関のほか、国民年金基金連合会や信託銀行への手数料含む)がかかること、金融機関によって取扱商品が異なることから、どの金融機関でiDeCo口座を開設するかは重要な問題です。

竹川美奈子著「個人型確定拠出年金iDeCo活用入門」がわかりやすい!
週末、妻と「来年1月から個人型確定拠出年金が誰でも加入できる様になるけど知ってる?」という話をしていましたが、「何の事?」と予想通りの返事が返ってきました。 ...

コツコツと積立を行いながら、複利の力を借りて増やす

つみたてNISAやiDeCoの利用を優先した上で、さらに余力がある場合はネット証券の特定口座でつみたて投資を行います。

何の銘柄を買うかは個別株の場合は重要な問題ですが、インデックス投資の場合はそれほど重要ではなく、まぁ、手数料(信託報酬)が安いのを買っておけば良いでしょう。

毎月どれだけのお金を投資にまわせるか、どれだけリスクを取るかという点について、ルールや仕組みを作ってしまうこと。

具体的な我が家の投資方針は以下の記事で紹介しています。

我が家の投資方針書と資産形成の為のマニフェスト3項目
人の考えというのは、時間が経つに連れて当初設定した内容からブレて行きます。 特にお金が絡むと誰でも欲があるので、相場が良いとついリスクを取りすぎてしまった...
資産形成のために意識する5つの要素
一般のサラリーマンにとって資産形成は一朝一夕に成るものではありません。 毎月の給料からコツコツと積立を行いながら、複利の力を借りて増やすという以外に王道は...

コメント