楽天証券とSBI証券の投資信託ポイント還元プログラム比較

SBI証券や楽天証券など、投資信託の保有残高やつみたて購入によりポイントが還元される証券会社があります。

たかがポイントサービスですが、おまけだと馬鹿にしてはいけません。チリも積もればで年間で結構馬鹿にならない金額になります。

投資信託は同じ商品であればどこの証券会社で保有しても成績は同じなので、ポイント還元率の良いネット証券に集約することで、実質リターンを底上げ出来ますよ。

スポンサーリンク

低コスト投資信託に強い楽天証券

楽天カードクレジット決済で1%還元

いま、一番注目なのが、2018年10月に始まった楽天証券の楽天カードクレジット決済です。

    • 上限金額:月額50,000円まで
    • カード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与
    • 楽天証券でつみたて可能な約2,500種類の投信を購入可能
  • 特定口座、NISA、つみたてNISAも対象

ノーロード(購入時手数料0円)どころか、NISA口座も含めてつみたて購入額の1%が還元されるのは非常に大きいです。

私もこのサービス開始を聞いて、楽天証券の休眠口座を復活させました。毎月eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)を満額、楽天カードクレジット決済でつみたてています。

楽天証券ハッピープログラム

楽天証券は楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」利用者に対して、ハッピープログラムというポイントプログラムを提供しています。

マネーブリッジは楽天銀行残高から楽天証券へ自動で充当する仕組みですが、マネーブリッジを設定するだけで、楽天銀行の普通預金金利が年0.1%となり、通常(0.02%)の5倍、メガバンクの普通預金金利(0.001%)の100倍になります。

また、楽天証券では2017年にMRF(マネー・リザーブ・ファンド)が廃止されており、楽天証券口座に入金したお金は「預り金」となり金利が付かないので、投資信託購入者に限らず、個別株や海外ETF購入者も楽天証券と楽天銀行はセットで利用する以外は考えられません。

さて、楽天証券のハッピープログラムでは、仮に1,000万円の残高がある場合、年間4,800円相当の楽天スーパーポイントが得られます(年率0.048%相当

参照楽天証券|ハッピープログラム

  • 投資信託の残高10万円ごとに毎月4ポイント(通常ポイント)

最近主流の低コスト投資信託の保有でも一律にポイントが貯まる点で、後述のSBI証券に比べお得です。

楽天スーパーポイント投資による楽天SPU+1倍

楽天証券と楽天スーパーポイントの連携に注目すべき理由がもう一つあります。

楽天証券では、2018年より楽天スーパーポイント(通常ポイント)を使用して投資信託が購入できるようになっていますが、500円以上(1ポイント+499円でも良い)のポイントを利用した投信購入で楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)ポイント+1倍となります。

最近は「楽天経済圏」なんて言葉が聞かれますが、楽天グループのサービスを使い倒すことで、ポイントが更にポイントを産む仕組みとなっています。

楽天ポイントの効率的な獲得と消費については、下記記事で詳しく紹介しています。

最高0.2%還元となるSBI証券

投信マイレージサービス

SBI証券は投信マイレージサービスを実施中。

参照SBI証券|投信マイレージサービス

SBI証券で保有する投資信託の月間平均保有額によってSBIポイントが付与されます。
付与率は下表のとおり、保有残高が1,000万円を超えると最高0.2%となるのですが、最近の低コスト投資信託は付与率が低くなっています。

<付与率が0.03%の銘柄の例>

  • 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天VT)
  • 楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)
  • SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド

例えばeMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、信託報酬年率0.109%(税抜)ですが、販売会社であるSBI証券の取り分は年0.0445%しかありません。

0.03%還元の設定はギリギリのところでしょう(その点楽天証券は広告費代わりと割り切っているのか、逆ザヤとなってまで還元しており非常にお得です)。

付与されたSBIポイントは、現金交換が可能ですが、SBIカード廃止後はレートが悪くなったため(住信SBIネット銀行 1ポイント=0.85円)、nanacoやTポイントへ等価交換(500ポイント=500ポイント)するのが良いでしょう。


投資信託の移管方法について

上記の通り、ポイント還元に限ってみると、古いファンドはSBI証券で保有し、最近のファンドは楽天証券で保有するのが良いことがわかります。

じゃぁ、移管してしまおうかと考えられるのですが、投資信託の移管には結構な手数料が発生します(通常は出庫側で1銘柄あたりいくら)。

ポイントサービスはいつ改悪されてもおかしくはないので手数料を払って移管するのは必ずしも良いとは思いません。

上手く移管するには、たまに行われる移管キャンペーンを利用するか、損益がとんとんのところで(課税を避けて)売却・再購入するかでしょうか。

投資信託移管に関する手数料等について以下の記事でまとめています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
 証券会社 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください