スポンサーリンク

iDeCo引き落とし口座はネット銀行不可(※新生銀行・イオン銀行を除く)

最近徐々に周囲でも話題になってきました個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、加入に必要な書類を勤務先に書いてもらうハードルの高さに加えて、掛金の口座引き落としにネット系銀行は不可(ただし新生銀行・イオン銀行を除く)という重要な問題があります。

SBI証券のiDeCOに住信SBIネット銀行が使えないとか、楽天証券に楽天銀行が使えないってどうなのよという話ですが、国民年金基金連合会との口座振替契約を行っていないため、引落機関として指定出来ないとの事。

口座振替可能又は不可能な金融機関についての情報ソースはあまり良いものがないのですが、下記のSBI証券の記載がわかりやすいです。

参照SBI証券の証券口座から掛金の引き落としをすることはできますか?
>>この記事の続きを読む


期待リターンの通りに資産は増えないもの

リスク資産への投資をこれから始める(あるいは始めたばかり)という方、積立投資を行うにあたって、資産がどのように増えていくイメージを持っているでしょうか?

当然、相場の良し悪しでバラツキ(リスク)がある事は理解されているでしょうが、ゴールは何十年先の長期投資だから、ある程度の期待リターンに収束するだろうと、考えていませんか?

その際に下図青線の様な、複利で増えていく資産増加のイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?

あとは例えば「72の法則」とかね。

前週末より日経新聞朝刊1面にて、「日本人とおカネ」と題した連載が始まっています。 なかなか面白い読み物なのですが、googleで検索すると結構いろんな方がこの記事についてコメントしています。ですが、今回はこの本文の話は置いておいて・・・毎回おまけ(?)として書かれている「運用のキーワード」について。 第1回 投信にかか...

投資を始めた当初は私もそういうイメージを持っていましたが、現実は期待リターンの通りには資産は増えません(実際に経験すると当たり前なのですが)。

>>この記事の続きを読む


新興国株式インデックスファンド比較(2017年7月)

先日、三菱UFJ国際投信より「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」の設定についてリリースがありました。
運用管理費用(信託報酬率)が年率0.3672%(税抜0.34%)の新興国株式インデックスファンドが登場します!

参照eMAXIS Slim 新興国株式インデックス募集・設定について

という訳で、前回新興国株インデックスファンドの成績を比較した以降、たわらノーロード新興国株式も1年以上の実績が出ていますし、ここで改めてMSCIエマージング・マーケット指数に連動する新興国株インデックスファンドについて、比較検討できるよう2017年7月現在の情報をまとめておきます。
>>この記事の続きを読む


SBIカード終了のお知らせ。SBIポイント優遇サービスはどうなるのか?

SBI証券で投資信託を保有していると、投信マイレージサービスとして最大で保有残高の0.2%がSBIポイントで還元されます。

さらにSBIカードホルダーはSBIポイントを1.2倍の交換レートで現金化が可能であり(つまり最大0.24%現金還元)、他社グループに対するSBIグループの優位性を不動のものとしていました(もちろん私もホルダーです)。

ところが、昨日「SBIカード サービス終了のお知らせ」というプレスリリースが出されており、今後の動向が非常に注目されます。

参照SBIカード会員さまへ サービス終了に伴うご案内[詳細](SBIカード)
参照SBIポイント(SBI iD)会員様ご優待サービスのお取扱いについて(SBIポイント)

SBI証券には対象投資信託の保有額1,000万円以上で保有額の0.2%(年率)が、1,000万円未満で0.1%のSBIポイントが付与される「投信マイレージサービス」があります。このSBIポイントは、従来は住信SBIネット銀行で1ポイント=0

>>この記事の続きを読む


「投資したい病」に注意。リスク資産比率を確認しよう。

そろそろ高値で危険なのかなと言われながらも、ここ何ヶ月も投資成績は上昇が続いており、高揚感を感じます。

夏のボーナスが支給された方も多いと思いますが、何となく投資に回さないともったいないという雰囲気が、ブログやツイッター、雑誌の特集などから感じられるのですがいかがでしょうか?

特に、リーマンショックで暴落しても数年で元に戻った話を聞いて、積み立て投資なら大丈夫、投資しないともったいないと思っているあなた!

投資したい病になっていませんか?

ちょうど、リンク先でも同じようなことを考えている方がいましたが、何となく投資界隈の雰囲気が2007年前後と似ているんですよね。

参照なんとなく、お伝えしたいと思っていること-NightWalker’s Investment Blog

>>この記事の続きを読む


2017年2Q リスク資産運用状況

今年も半分が過ぎ、今日から新しい四半期に突入しました。
資産運用に関しては自動積立の放ったらかし状態ですが、四半期に一度定例の運用状況の確認を行います。

我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2017年2Q)の投資収益率は+6.30%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+23.3%となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。

今年に入ってから毎月プラスの運用成績となっており、リスク資産の評価額は過去最高を更新しています。

>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク