スポンサーリンク

コモディティ投信-商品指数について

ついこの前まで1バレル=80ドル近かったNY原油価格ですが、最近では51ドル台と1年8カ月ぶり安値となっています。
BRICsなど新興国のエネルギー需要が拡大する一方、中長期的に石油精製能力が不足するなど早急な供給拡大は難しいと言われる現状で、再び値上がりする事が想定されます。
かと言って商品先物に手を出そうとはなかなか思いませんが・・・商品指数連動型投信であれば比較的小額から購入が可能ということで、以下にまとめておきます。
先物指数とは、エネルギー、産業金属、貴金属、穀物など20-30種類の国際商品先物の値動きを指数化したもの。原油価格に代表されるように、個々の商品の値動きは大きいですが、これらの総合指数になると相殺されるため、変動幅は比較的小さくなります。
国内投信が採用する商品指数にはダウジョーンズAIG(DJ・AIG)ゴールドマン・サックス(GSCI)ロジャーズ国際(RICI)の3種類がありますが、それぞれ、個別商品の組み入れ比率が異なる為、どの商品の値上がりに期待するかを踏まえる必要があります。もっとも採用されているのがDJ・AIGで「特定の商品の組み入れ比率が高くないのが特徴」これに対し、GSCIとRICIはエネルギー、中でも原油の組み入れ比率が高い。

商品グループ DJ・AIG GSCI RICI
エネルギー 33.0% 75.5% 44.0%
(うち原油) 12.8% 46.0% 35.0%
産業金属 18.1% 8.9% 14.0%
貴金属 8.2% 2.1% 7.1%
穀物 18.4% ----- 19.9%
畜産物 10.4% 3.8% 3.0%
農作物 9.1% 9.7% 10.0%
その他 2.8% ----- 2.0%

これらに連動する国内の商品投信がいくつか設定されていますが、それらについては次のエントリーにて。
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法」さんのエントリーでは海外で購入できるコモディティETFについて紹介されています。


確定拠出型の企業年金、本人の拠出解禁

 厚生労働省は12日、公的年金(基礎年金・厚生年金)に上乗せする企業年金(3階部分)の一種で、現在は企業しか掛け金を拠出できない「確定拠出年金(企業型)」について、会社員本人の拠出も認める方針を固めた。
 本人拠出は原則、月2万3000円(総額上限の半額)が上限で、税制優遇が適用される見通しだ。少子高齢化で公的年金の先細りが見込まれることから、企業年金の役割を高めることが狙いだ。
 同省は今年中の関連法案取りまとめを目指している。
 本人拠出は、将来に備えてお金を積み立てる点では銀行預金などと似ている。しかし、拠出時には所得控除が認められる見通しで、老後に年金を受け取る際も公的年金等控除が適用されるなど、税制上、大幅に優遇されている点が最大の違いだ。企業にとっても、拠出金は非課税となる利点がある。

Yahoo ニュースより

私の勤務先は確定拠出年金制度を導入していないので、全く関係のない話なのですが・・・この税制優遇制度が利用できる方は羨ましい限りです。
実際に確定拠出年金制度が導入されると、社内でも資産運用の話で盛り上がれるのでしょうかね(現状ではそんな話ができる相手がいません。。。)。
追記(1/13):
zxcvaqさんのブログで紹介されている記事では、厚生省は確定拠出年金以外の企業年金に加入する会社員に、自営業者向けの確定拠出年金(個人型)への拠出を認める方針ともかかれています。
これは実現すれば非常に嬉しい話です。


円が120円台に下落!!

とうとう、円が120円台にまで下落してしまいました。1年1カ月ぶりの出来事のようです。

11日午前のロンドン外国為替市場の円相場は下落し、同市場としては約1年1カ月ぶりに1ドル=120円台をつけた。一時、120円40銭と2005年12月13日以来の安値水準まで下げた。10日発表の米貿易収支で昨年11月の赤字幅が縮小したことなどを材料に円売り・ドル買いが進んでいる。午前11時(日本時間午後8時)現在、前日終値比70銭円安・ドル高の1ドル=120円30―40銭で推移している。
 円は対ユーロでも反落。同1円20銭円安・ユーロ高の1ユーロ=156円00―10銭で取引されている。

NIKKEI NETより

来週は日銀金融政策決定会合ですし、いずれ日銀が利上げを示唆すれば円高に振れるだろうと、短期的な事かとは思うのですが、円安にも関わらず、香港ハンセン指数及びブラジルBovespa指数は急落しています。
どこまで調整するのかさっぱり判りませんが、「DIAM 中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)」と「HSBCブラジルオープン」を買い増しする体勢でいようと思います。


投信の分類、分かりやすく・協会が年内に見直し

 投資信託協会は2007年中に投信の分類を見直す。株式を組み入れていないファンドが株式投信として扱われるなど、個人投資家から「わかりにくい」との声が出ているのに対応する。運用資産、地域などで投信を区分して「看板に偽りあり」とならないようにする。
 現在の分類では「株式を組み入れることができる」と契約書に記してある投信はすべて株式投信になる。国内最大のファンドで「グロソブ」の名で知られる国際投信のグローバルソブリンオープンも、内外債券で運用しているにもかかわらず株式投信だ。
NIKKEI NETより

以前より分類がおかしいと言われていましたが、日本では税法の規定により、投資信託約款 で株式が1株でも組入れできるものは、株式投資信託に分類されます。
これは、所得税法において「公社債投資信託は、信託財産を公社債に対する投資として運用することを目的とするもので、株式または出資に対する投資として運用しないもの」と定義されており、公社債投信から得られる収益は「利子所得」になります。一方の株式投信の分配金や解約による収益は、株式の配当金などと同じ「配当所得」になります。このように所得区分が異なりますので、収益が利子所得に区分される公社債投信は、より厳しい投資基準が設けられています。
実際の運用では株式を組入れることのない債券型ファンドも、あえて株式投資信託の分類とされている訳ですね。


2007 年間予定表

今年の株価予想が新聞・雑誌紙面で出ていますが・・・当てにならないのは毎度の事で、自分で考えるしかありません。
ここに今年のイベントを簡単に書き出しておこうと思います。
1月
11日 ベトナムがWTO正式加盟
13日 北米国際自動車ショー(デトロイト)
14日 ASEAN+3(日中韓)首脳会議(フィリピン)
17、18日 日銀金融政策決定会合
20日 大学入試センター試験初日
26日 ライブドア堀江被告最終弁論公判
30日 ウインドウズ・ビスタ一般発売
2月
9日 G7財務相・中央銀行総裁会議(ドイツ)
20、21日 日銀金融政策決定会合
3月
19、20日 日銀金融政策決定会合
25日 香港行政長官選挙
上旬 中国全国人民代表大会
下旬 公示地価
4月
1日 改正容器包装リサイクル法施行
2日 3月の日銀短観
5日 マスターズゴルフ
8日 統一地方選
9、10、27日 日銀金融政策決定会合
22日 参院補欠選
22日 フランス大統領選
中旬 G7財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)
予定 温家宝・中国首相来日
5月
1日 外国企業による「三角合併」解禁
16、17日 日銀金融政策決定会合
18日 G8財務相会合(ドイツ)
27日 APECエネルギー担当相会合(オーストラリア)
30日 G8外相会合(ドイツ)
上旬 ASEAN+3財務相会合(京都)
6月
1日 中国で企業破産法施行
6日 G8サミット(ドイツ)
10日 フランス総裁選
14日 全米オープンゴルフ
14、15日 日銀金融政策決定会合
7月
11日 世界最大のゲーム見本市「E3](アメリカ)
19日 全英オープンゴルフ
22日 参院選
30日 APEC財務相会合(オーストラリア)
上旬 6月の日銀短観
上旬 IOC総会14年冬季五輪開催地決定
予定 金融商品取引法が完全施行
8月
2日 全英女子オープンゴルフ
8日 北京五輪開催まであと1年
9日 全米プロゴルフ
25日 世界陸上選手権(大阪)
上旬 路線価
9月
8日 APEC首脳会議(シドニー)
21日 東京ゲームショウ2007
27日 日本女子オープンゴルフ
30日 F1日本グランプリ
月内 基準地価
10月
1日 郵政民営化
11日 日本オープンゴルフ
19日 ブラックマンデーから20年
19日 IMF世界銀行年次総会
27日 東京モーターショー
上旬 9月の日銀短観
中旬 G7財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン)
予定 アルゼンチン大統領選
11月
30日 改正都市計画法が全面施行(大規模集客施設の郊外出店を規制)
月内 地球温暖化防止条約締結国際会議(京都議定書の見直しなど)
12月
19日 韓国大統領選
月内 12月の日銀短観


冬休みの総括

皆様、本年もよろしくお願いいたします。
正月は毎年と同じく私の実家で過ごした後、妻と二人で和歌山(白浜)まで旅行に行ってきました。
知らなかったのですが、阪和道が結構延長されて便利になっていました(大渋滞でしたが・・・)。
やはり冬は暖かい所が良いですね。気温15度もありポカポカ陽気です。
今回の目玉はココ「アドベンチャーワールド」でした。
丁度年末23日にパンダの双子の赤ちゃんが誕生し、TVでも取り上げられている話題のテーマパークです(こんな事は全く知らずに行きましたが)。
パンダ赤ちゃん

残念ながらパンダの赤ちゃんは、母親に隠れて見れませんでしたが、いろんな動物と接する事ができ、地方のテーマパークとしては良くできているのではないでしょうか。
特にイルカショーはなかなか上手く魅せていました。USJのショーもそうでしたが、関西系だけあって「笑い」の要素を上手く使っています。
子供が出来たら是非また来たいですね。


スポンサーリンク