コモディティ投信-商品指数について

ついこの前まで1バレル=80ドル近かったNY原油価格ですが、最近では51ドル台と1年8カ月ぶり安値となっています。
BRICsなど新興国のエネルギー需要が拡大する一方、中長期的に石油精製能力が不足するなど早急な供給拡大は難しいと言われる現状で、再び値上がりする事が想定されます。
かと言って商品先物に手を出そうとはなかなか思いませんが・・・商品指数連動型投信であれば比較的小額から購入が可能ということで、以下にまとめておきます。
先物指数とは、エネルギー、産業金属、貴金属、穀物など20-30種類の国際商品先物の値動きを指数化したもの。原油価格に代表されるように、個々の商品の値動きは大きいですが、これらの総合指数になると相殺されるため、変動幅は比較的小さくなります。
国内投信が採用する商品指数にはダウジョーンズAIG(DJ・AIG)ゴールドマン・サックス(GSCI)ロジャーズ国際(RICI)の3種類がありますが、それぞれ、個別商品の組み入れ比率が異なる為、どの商品の値上がりに期待するかを踏まえる必要があります。もっとも採用されているのがDJ・AIGで「特定の商品の組み入れ比率が高くないのが特徴」これに対し、GSCIとRICIはエネルギー、中でも原油の組み入れ比率が高い。

商品グループ DJ・AIG GSCI RICI
エネルギー 33.0% 75.5% 44.0%
(うち原油) 12.8% 46.0% 35.0%
産業金属 18.1% 8.9% 14.0%
貴金属 8.2% 2.1% 7.1%
穀物 18.4% ----- 19.9%
畜産物 10.4% 3.8% 3.0%
農作物 9.1% 9.7% 10.0%
その他 2.8% ----- 2.0%

これらに連動する国内の商品投信がいくつか設定されていますが、それらについては次のエントリーにて。
医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法」さんのエントリーでは海外で購入できるコモディティETFについて紹介されています。


確定拠出型の企業年金、本人の拠出解禁

 厚生労働省は12日、公的年金(基礎年金・厚生年金)に上乗せする企業年金(3階部分)の一種で、現在は企業しか掛け金を拠出できない「確定拠出年金(企業型)」について、会社員本人の拠出も認める方針を固めた。
 本人拠出は原則、月2万3000円(総額上限の半額)が上限で、税制優遇が適用される見通しだ。少子高齢化で公的年金の先細りが見込まれることから、企業年金の役割を高めることが狙いだ。
 同省は今年中の関連法案取りまとめを目指している。
 本人拠出は、将来に備えてお金を積み立てる点では銀行預金などと似ている。しかし、拠出時には所得控除が認められる見通しで、老後に年金を受け取る際も公的年金等控除が適用されるなど、税制上、大幅に優遇されている点が最大の違いだ。企業にとっても、拠出金は非課税となる利点がある。

Yahoo ニュースより

私の勤務先は確定拠出年金制度を導入していないので、全く関係のない話なのですが・・・この税制優遇制度が利用できる方は羨ましい限りです。
実際に確定拠出年金制度が導入されると、社内でも資産運用の話で盛り上がれるのでしょうかね(現状ではそんな話ができる相手がいません。。。)。

追記(1/13):
zxcvaqさんのブログで紹介されている記事では、厚生省は確定拠出年金以外の企業年金に加入する会社員に、自営業者向けの確定拠出年金(個人型)への拠出を認める方針ともかかれています。
これは実現すれば非常に嬉しい話です。


投信の分類、分かりやすく・協会が年内に見直し

 投資信託協会は2007年中に投信の分類を見直す。株式を組み入れていないファンドが株式投信として扱われるなど、個人投資家から「わかりにくい」との声が出ているのに対応する。運用資産、地域などで投信を区分して「看板に偽りあり」とならないようにする。
 現在の分類では「株式を組み入れることができる」と契約書に記してある投信はすべて株式投信になる。国内最大のファンドで「グロソブ」の名で知られる国際投信のグローバルソブリンオープンも、内外債券で運用しているにもかかわらず株式投信だ。
NIKKEI NETより

以前より分類がおかしいと言われていましたが、日本では税法の規定により、投資信託約款 で株式が1株でも組入れできるものは、株式投資信託に分類されます。
これは、所得税法において「公社債投資信託は、信託財産を公社債に対する投資として運用することを目的とするもので、株式または出資に対する投資として運用しないもの」と定義されており、公社債投信から得られる収益は「利子所得」になります。一方の株式投信の分配金や解約による収益は、株式の配当金などと同じ「配当所得」になります。このように所得区分が異なりますので、収益が利子所得に区分される公社債投信は、より厳しい投資基準が設けられています。
実際の運用では株式を組入れることのない債券型ファンドも、あえて株式投資信託の分類とされている訳ですね。


冬休みの総括

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

正月は毎年と同じく私の実家で過ごした後、妻と二人で和歌山(白浜)まで旅行に行ってきました。
知らなかったのですが、阪和道が結構延長されて便利になっていました(大渋滞でしたが・・・)。

やはり冬は暖かい所が良いですね。気温15度もありポカポカ陽気です。

今回の目玉はココ「アドベンチャーワールド」でした。

丁度年末23日にパンダの双子の赤ちゃんが誕生し、TVでも取り上げられている話題のテーマパークです(こんな事は全く知らずに行きましたが)。

残念ながらパンダの赤ちゃんは、母親に隠れて見れませんでしたが、いろんな動物と接する事ができ、地方のテーマパークとしては良くできているのではないでしょうか。

特にイルカショーはなかなか上手く魅せていました。USJのショーもそうでしたが、関西系だけあって「笑い」の要素を上手く使っています。
子供が出来たら是非また来たいですね。


2006年のまとめ

皆様の今年一年はいかがだったでしょうか?

うちは家族がみな健康に過ごせた良い一年でした。

一番の出来事はやはりマンションを買った事。35年という気の遠くなるローンを背負った事で、長期的な資産形成を考える良い機会となりました。
また、今年は実際に投資信託&株を購入したという事で、たった数%の益を出す事がいかに難しいかを実感できたと思います。

おかげで、スーパーの特売「5%OFF DAY」など、これまでたった5%かと馬鹿にしていたセールですが、欠かさずチェックして利用するようになりました。

家計簿もこまめにつけキャッシュフローを明確にしました。
お金を溜める(増やす)為には、やはり日常生活での節約が基本という事を再認識した1年でした。

さて、今年の最終的な運用成績は+5.5%とほぼ目標とした値となりました。ただ、期中の平均値はマイナスですので、たまたま12月が調子が良かったという事でしょう。ここで撒いた種が来年以降芽が出る事を期待します。
>>この記事の続きを読む


追加購入 HSBCブラジルオープン

「マネックス証券 投資信託申込手数料0円キャンペーン」の期日がいよいよ今週金曜(12月29日)約定分までとなっています。
ギリギリとなってしまいましたが、本日「HSBCブラジルオープン」の追加購入を発注しておきました。
BRICsの中では出遅れているブラジルファンドですが、今週の週報にも力強いコメントがなされています。今後に期待。

 先週のブラジル株式市場は調整局面の様相となり、MSCIブラジル10/40(ドルベース)指数は1.6%低下しました。タイで発表された資本規制のニュースと、通信会社テレマー社(Telemar)の経営陣が提案したリストラ計画が株主によって否決される結果となり、同社株が20%強下落したことがきっかけとなって、利益確定売りに押される展開となりました。
 12月20日に報道されたブラジル中央銀行の四半期レポートによると、2006年のインフレ率は、従来の3.4%から3.1%に修正され、2007年については、同様に4.3%が3.9%に下方修正されています。GDP成長率は、2006年については3.5%から3.0%に下方修正されましたが、2007年については3.8%に成長率は高まると予想しています。個人消費と設備投資の強い伸びが来年には起こると予想されています。このレポートは来年早々の金利引き下げを示唆していると我々は考えています。今週、政府は成長を助長させるための新財政政策を発表する予定でしたが、発表は見送られ、成り行きが注目されます。


スポンサーリンク