2017年から個人型確定拠出年金が誰でも加入可能に

DC_mini (1)

これまで自営業者や企業年金なしのサラリーマンに限られていた個人型確定拠出年金(DC)が、来年1月から誰でも加入できるようになる法案が可決という事で先週ニュースになりました。

参照確定拠出年金法等の一部を改正する法律案
参照山崎元ホンネの投資教室「確定拠出年金を扱う3原則

老後の生活資金を、公的年金に頼るだけでなく自分たちでも用意しなければいけないと言う事はこれまでも感じていましたが、今回の法改正は国がそれを明確に示して来たとも言えます。

私は確定給付型年金(DB)に加入しているので、これまで個人型確定拠出年金については全く他人事でしたが、来年までに真面目に勉強しないといけないと考えています。
>>この記事の続きを読む


主要な低コスト先進国株式インデックスファンドまとめ(2016年5月)

Earth

先日の外国株式インデックスeについての記事にコメントを頂いた事もあり、約1年ぶりにノーロードかつ低コストの主な外国株式インデックスファンドについて状況をまとめてみました。

データは投信まとなびより、昨夜時点の値を引っ張っています。

項目 SMT
グローバル株式
eMAXIS
先進国株
外国株式
インデックスe
Funds-i
外国株式
ニッセイ外株
運用会社 三井住友TAM 三菱UFJ投信 三井住友TAM 野村AM ニッセイAM
当初設定日 2008年1月 2009年10月 2010年4月 2010年11月 2013年12月
運用管理費用(税込) 0.54% 0.648% 0.54% 0.594% 0.2592%
信託財産留保 0.05% なし なし なし なし
純資産額(億円) 487.2 324.2 134.3 47.4 257.2
マザーファンド規模(億円) 2720
(2015年5月)
2275
(2015年5月)
2004
(2016年2月)
3046
(2015年9月)
509
(2015年11月)
対象指数* 配当除く 配当除く 配当込み 配当込み 配当込み
トータルリターン
(年率)
1年 -11.29 -11.47 -11.25 -11.35 -11.20
3年 11.11 10.94 11.17 11.01
5年 12.49 12.38 12.58 12.44
標準偏差
(年率)
1年 20.91 20.91 20.93 20.90 20.89
3年 16.72 16.72 16.73 16.72
5年 18.94 18.92 18.95 18.94
直近3年
分配金合計
80円 0円 40円 0円 0円*

*配当込み・除くを明示していないファンドは、当サイトでデータから推測したもの
**運用実績2年まで
>>この記事の続きを読む


外国株式インデックスeがモーニングスター5ツ星に復活

3731701129_5626dfa471_z_mini

モーニングスター社は国内の投資信託の品質評価として一定の基準によるスターレーティングを公開しています。

今回、私も多く保有している三井住友TAMの「外国株式インデックスe」が5ツ星に昇格しました!

実は過去に5ツ星の時期もあったのですが、今回4ツ星からの復活。
国際株式・グローバル・除く日本・ヘッジ無しのインデックスファンドカテゴリーでは唯一の5ツ星ファンドです(SMTやeMAXIS、Funds-iは4ツ星以上を取った事がありません。ニッセイ及びたわらはレーティングなし)。
>>この記事の続きを読む


私が投資よりも住宅ローン返済を優先した理由

house_1426327506

相互リンク先のインデックス投資日記@川崎にて「住宅ローン返済と投資信託による投資はどちらを優先すべきかとの質問をいただきました」という記事がアップされました。

住宅ローンを抱えながらセゾン投信にて積み立ても行っております。
住宅ローンが低金利かつ住宅ローン減税中というのもあるのですが、繰上げ返済による将来のキャッシュ不足を不安視し繰上げ返済は行っておりません。投信であれば暴落リスクはあるものの、必要に応じて解約できることがよいと考えています。
もちろん、生活防衛資金は確保した上での投資です。

この判断、どう思いますか?繰上げ返済に関してはいろいろと悩んでいます。

私もkenzさんの回答と同じく「基本的には繰上返済を優先すべき」と考えていますが、実際の私自身の経験を元に記事にコメントします。
>>この記事の続きを読む


バランスファンド リスク・リターン比較まとめ(2016年4月版)

worldmap_mini

バランスファンドのリスク・リターン情報を前回まとめてから半年が経過していますので、アップデートしておきます。

下表のバランスファンドの選定基準は、ノーロード(購入手数料無料)で信託報酬など維持費用が低コストのもののうち、1年以上の運用実績がある6ファンドです。データは「投信まとなび」より本日現在のものを参照しています。

今回から「マネックス資産設計ファンド< 育成型>」を外し、「SMT インデックスバランス・オープン」を追加しました。
>>この記事の続きを読む


ストレングスファインダーで自分の強みを発見?!

IMG_3234_mini

今回は投資とは直接関係の無いお話です。

Twitterのタイムライン上で「ストレングス・ファインダー」が話題となっていました。

180問の質問にオンラインで回答することで、34個の資質「強みとなり得る要素」のうちの5つが明らかになるという診断テストで、書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(1,728円)に付属のアクセスコードを使用するか、WEBサイトでアクセスコードを購入します($15.00)※ちなみに中古本は基本的にアクセスコードが使われているのでダメ。

いいお値段なので最初はスルーだったのですが、下記のピヨママさんの記事でどの様な結果が得られるのかよく分かった事が購入のきっかけ。その他の相互リンクブログで紹介されている結果を見ても、文章や実際お会いして感じるその人の特徴(強み)を良く表している印象です。

ちょうど新年度と言うことで、キャリアプランを見つめなおすには良い時期ですし、「自分の強みが活かされているか」「そもそも自分の強みって何?」という疑問に答える良いツールだと思います。
>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク