楽天証券は楽天カードでの投信つみたてで1%ポイント還元に!

スポンサーリンク

これまでも楽天証券ほかネット証券ではクレジットカードによる投信つみたてが可能でしたが、これはクレジットカード引き落とし口座からの代行収納でクレジットカード利用のポイントは付与されませんでした。

クレジットカードの与信枠で金融商品を買う(しかもポイントまで付与される)というのは、ルールとして不可だと思っていましたが、エポスカードで投信つみたてを始めたtsumiki証券がキッカケでしょうか。先週、楽天証券が楽天カードでの投信つみたてに1%ポイント付与することを発表しました!!

参照投信積立で楽天カード決済が可能に!2018年10月28日スタート!

これは凄い事です。詳細を見てみましょう。

楽天カードクレジット決済による投信積立て設定受付開始!
本日より楽天証券で楽天カードクレジット決済による投資信託積立て設定が可能となりました。 月上限50,000円まで、楽天カードからカード決済による投信積立て...
楽天ポイント活用による投資信託購入を解説します
楽天証券では昨年より「楽天スーパーポイント」を使った投資信託の購入が可能となりましたが、更に今月(2018年9月)より楽天SPU(スーパーポイントアッププログラ...

スポンサーリンク

投信積立での楽天カード決済の詳細

  • 上限金額:月額50,000円まで
  • カード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与
  • 楽天証券でつみたて可能な約2,500種類の投信を購入可能
  • 特定口座、NISA、つみたてNISAも対象
  • 12日までに申込、翌月1日買付け、27日引き落とし
  • 2018年10月28日スタート

月5万円までということで、満額積み立てるとその1%にあたる500ポイントが付与されます。楽天カードの利用分としてだと、期間限定ポイントではなく通常ポイントが付与される可能性が高いと思われます。

楽天スーパーポイントの通常ポイントはさらに投信購入に充てられるので、雪だるま式に増えていきますね(もちろん投資信託には価格変動のリスクがありますので増えるとは限りませんが)。

楽天証券で楽天ポイントによる楽天VT購入を始めました
楽天証券では昨年より「楽天スーパーポイント」を使った投資信託の購入が可能となっています。 私の楽天証券の口座は休眠口座(特定口座はみなし廃止)とな...

SBI証券ユーザーの私はどうする?

私自身はSBI証券をメイン証券口座としており、他の証券口座は一度整理したのですが、楽天証券はポイント投資が可能となった際に廃止されていた特定口座を復活させました。

現在、SBI証券でつみたてNISA口座と特定口座でつみたてを行っていますが、11月より特定口座のうち5万円分を楽天証券でのつみたてに変更します!!!

投資信託は同一商品であればどこで買ってもモノは同じなので、手数料だとか付帯サービスが有利なところで買った方が良いです。1%ポイント還元がいつまで続くかわかりませんが、付与されなくなっても損をする訳ではないので、上手く利用したら良いでしょう。

証券口座が2社に分かれることで、若干管理は面倒になりますが、今は「マネーフォワード」等優秀な家計簿アプリがあるので、これで一括管すればたいした問題ではありません。

家計簿アプリ「マネーフォワード」のここがダメ!!

楽天カードは一家に一枚


楽天カードは年会費無料のクレジットカードですが、基本スペックとして、カード利用100円につき1P=1円(1.0%相当)となっており、還元率はまぁまぁですが、街での利用でポイントアップなどが頻繁に行われています。

一番のポイントは楽天市場での楽天カード利用で、スーパーポイントアッププログラム(SPU)による獲得ポイントが2倍になること。ちなみに楽天ゴールドカード(及びプレミアムカード)ではさらに+2倍上乗せされるので(計4倍に)、ゴールドカードの年会費2,160円(税込)を払っても、楽天市場で年間に10万円以上利用するひとは元が取れてお得です

その他に、楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることで更にポイント+1倍となります。

楽天市場はものによりけりですが、ポイントを加味すると同じものでもAmazonよりも安い事が多いので、我が家では日用品は楽天スーパーセールでまとめ買い、お急ぎのものはAmazonと使い分けています。

そんな訳で、楽天カードを1枚作っておいても悪くないでしょう。

(2018年9月3日追記:今月より楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)に楽天証券のポイント投資が加わりました!月1回500円以上のポイント投資で楽天市場の商品がいつでもポイント+1倍に!)

我が家の厳選クレジットカード6枚(2018年版)

 証券会社 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください