楽天ポイント活用による投資信託購入を解説します

スポンサーリンク

楽天証券では昨年より「楽天スーパーポイント」を使った投資信託の購入が可能となりましたが、更に今月(2018年9月)より楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)に楽天証券のポイント投資が加わりました!500円以上(1ポイント+499円でも良い)のポイントを利用した投信購入でポイント+1倍

また、2018年10月27日からは楽天カードで投信積立の決済が可能になり、これは1%分の楽天スーパーポイント(通常ポイント)が付与されるようになります。

というわけで、楽天グループの諸サービスを上手く利用することで、投資活動が非常に捗るのでまとめて整理しておきたいと思います。

また、楽天ポイントは通常ポイントと期間限定ポイントがありますが、それぞれどうやって使うのがお得なのか、迷うところです。ポイントの効率的な使い方についても考察します。

スポンサーリンク

楽天カードによる投信積立でポイント1%

2018年10月27日より、楽天カードで投信積立の決済が可能になりました。

  • カード決済額の1%分の楽天スーパーポイントが付与
  • 上限金額:月額50,000円まで
  • 特定口座、NISA、つみたてNISAも対象

月5万円まで満額積み立てると、その1%にあたる500ポイントが毎月付与されます。年間で6,000ポイントは大きいです。

投資信託は同じ商品であればどこで買っても中身は同じなので、これからのつみたて投資家は楽天証券と楽天カードは必須と言って良いでしょう。

私はSBI証券がメイン口座ですが、上記のサービス発表を受けて毎月の積立て金額より5万円分を楽天証券に変更しました。

楽天証券は楽天銀行とセットで使う

現在、楽天証券口座の預り金は金利がつかない(MRFは2017年10月に廃止済み)のですが、楽天銀行と口座連携サービス(マネーブリッジ;無料)を設定することで、楽天銀行の普通預金口座に置いてある資金が証券口座での売買の決済用に自動で入出金されるようになります。

しかも、マネーブリッジを設定するだけで(証券口座で売買をしなくても)、楽天銀行の普通預金金利が優遇金利適用となります。

例えば、現在は普通預金金利0.02%(税引き前)に対して、マネーブリッジ適用金利は0.10%(税引き前)と5倍に!

楽天証券ハッピープログラムで投信残高にポイント付与

楽天証券は楽天銀行との口座連携サービス「マネーブリッジ」利用者に対して、ハッピープログラムというポイントプログラムを提供しています。

参照楽天証券|ハッピープログラム

投資信託の保有残高10万円ごとに毎月4ポイント付与
(公社債投信、MMF、外貨建てMMF、楽ラップ専用ファンド、iDeCoは除く)

仮に1,000万円の残高がある場合、年間4,800円相当の楽天スーパーポイントが得られます(年率0.048%相当)

楽天カードの引き落し口座を楽天銀行にしてポイント+1倍

楽天銀行を楽天カードの引き落とし口座に設定することで、SPU(スーパーポイントアップ)が+1倍となります。

楽天カードの還元率は1%と特別高いわけではないのですが、楽天市場での利用は+2倍(一般カード)、ゴールドカード・プレミアムカードは+4倍となります。

つまり、楽天市場での買い物は楽天市場利用による1%+楽天カード利用1%+楽天カード特典(SPU)1%+楽天銀行引き落とし特典(SPU)1%の計4%還元(ゴールド・プレミアムでは6%還元)までが基本のポイントアップ設定。

私は楽天ゴールドカードを楽天市場とEDYオートチャージ専用のクレジットカードとしています。

通常ポイントは楽天証券のポイント投資でSPU+1倍

さて、楽天スーパーポイントには通常ポイントと期間限定ポイントがあります。

貴重な通常ポイントは期間限定ポイントが使えないサービスに使うべきです。

  • まず、楽天証券で月1回500円以上のポイント投資(1ポイント+499円でも良い)でSPU+1倍
  • 残りの通常ポイントは、楽天カードの支払いに充当2018年9月12日開始サービス

(いずれも期間限定ポイントは使えません)

楽天市場では商品購入時にポイントが利用できます。これはポイント支払い分も含めて、商品合計金額分のポイントと、倍付け分のポイントが付与されます。

参照ポイント利用の買い物のポイント付与について

ただし、楽天市場での購入時にポイントで支払ってしまうと、楽天カードの利用金額が減るので、前述のカード利用分のポイントがゴッソリと減ってしまいます。

そこで、一旦、ショッピング利用額として計上しておけば、楽天カード請求金額のポイント支払いでは、もらえるポイントは減らないためお得です。(「カード利用獲得ポイント=ショッピング利用金額✕1%」で計算される)。

期間限定ポイントは楽天市場以外のサービスで利用する

ポイントを貯めるためにわざわざ消費を増やすのは本末転倒ですが、どちらにしろ支出する普段の買い物の支払いでのポイントゲットは積極的にするべきだと思います。

楽天ポイントは楽天市場で使っては損なので他のサービスで消費します。

楽天Payによるローソンでの支払い

期間限定ポイントの使いみちとしておすすめなのは、楽天Payによるローソン又はファミマでの支払いです(2018年11月よりファミマでも楽天Payが取扱い開始)。

楽天Payはスマホアプリからバーコードを提示するだけで、楽天ポイント・楽天キャッシュでの支払いが可能です。

また、楽天Payの支払いで200円につき1ポイントが付与されます。

楽天Payで支払っても、PontaポイントやTポイントも加算されるのでポイントカードの提示も忘れずに

楽天Payはフリマアプリ「ラクマ」の支払いにも利用できます(期間限定ポイントが消費できます)。

楽天ポイントカード利用可能店舗は多い

もう一つは、楽天ポイントカード(楽天カードまたはアプリ)提示による、期間限定ポイントでの支払いです。

楽天Payは対象店舗が少ないのが問題ですが、楽天ポイントカード提示でポイントが貯まり、また楽天ポイントでの支払いができる店舗は比較的多いです。

マクドナルド、ミスタードーナツ、デイリーヤマザキあたりが使いやすいかな。

店舗によって付与率は異なりますが、上記の店舗では楽天ポイントカードの提示(支払いではない)で100円につき1ポイントが貯まります。

期間限定ポイントは楽天モバイルの利用代金に充当可能

もう一つ、期間限定ポイントの使い方としてオススメなのが楽天モバイルの利用代金の支払いへの充当です。

これまで我が家のスマホはmineoの格安SIMで運用しており、月の料金は2台で2,000円に収まっていました。

が、1年縛りが終わったため、楽天モバイルへ変更しました。

楽天モバイルの通話SIM利用でSPU+2倍に!

楽天モバイルの料金支払いには期間限定ポイントも利用できるので、使い切れない期間限定ポイントの利用先として重宝します。

ちなみに現在、お友達紹介キャンペーンが実施されています。申込時に私のユーザーID(下記)を入力頂くことで1,500ポイント(スーパーホーダイプランの場合)がもらえますので宜しければお使い下さい(お互いに相手のプライバシー情報はわからない様になっています)。

ユーザーID:ra18110117527

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援をありがとうございます。
 証券会社 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください