2020年末リスク資産運用状況

今年は新型コロナが原因で、仕事や生活に大きく変化がありました。今年は帰省しないので、年末年始は夫婦でゆっくりと過ごすつもりですが、その前に3ヶ月に1回のリスク資産の運用状況の確認と、1年の家計の決算を終わらせてしまいたいと思います。

我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2020年4Q)の投資収益率は+10.1%となりました。年初来では+10.7%、2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+40.9%となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み。確定拠出年金も含む)。

つみたてNISA口座は、いずれも外国株式クラス100%で年間40万円を投資中(毎月30,000円、ボーナス月は50,000円をつみたて中)ですが、2018年枠が+26.8%、2019年枠が+23.0%、2020年枠が+14.5%と好調をキープ。

3月にはコロナショックがありましたが、蓋を開けてみるとリスク資産評価額、投資収益率とも、過去最高を更新。現金・預金を含む金融資産高としても過去最高を更新しています(支出も減っているのですけどね)。

スポンサーリンク

アセットアロケーション(2020年12月30日現在)

現在のリスク資産の配分は、日本株9%、外国株70%(先進国株59%、新興国株11%)、日本債券17%、外国債券4%。

アセットアロケーション2020年12月末

アセットアロケーションは前期末から株式比率が3%上昇、その分国内債券比率が減っています。

昨年末からは、新興国株比率を減らして先進国株へシフトしました。もともとGDP比を意識して新興国株に手厚いアセットアロケーションを好んでいましたが、できるだけシンプルな管理とする事を優先し、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)へ集約する方向で銘柄整理を行ったため、世界株式時価総額比に近いアセットアロケーションになっています。

なお、上図のアセットアロケーションは「リスク資産」のみの配分であり、現金・定期預金(2年分の生活防衛資金も)を含む金融資産全体では、投資信託の比率が約50%となるようにしています

ポートフォリオ(2020年12月30日現在)

現在保有している銘柄は以下の通り。

日本株

  • 日本株式インデックスe(特定口座)

外国株

  • 外国株式インデックスe(特定口座)
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(特定口座)
  • たわらノーロード先進国株式(つみたてNISA)
  • eMAXIS Slim 先進国株式(つみたてNISA)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)(特定口座及びつみたてNISA)(積み立て中)
  • DCダイワ外国株式インデックス(確定拠出年金)(積み立て中)

新興国株

  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス(特定口座)(積み立て中)

日本債券

  • 個人向け国債 変動10年(特定口座)

外国債券

  • 外国債券インデックスe(特定口座)

この四半期で1銘柄減らしました。これまで新生銀行のゴールドランク対策として、「野村インデックスファンド・外国株式(Funds-i)」を月5,000円分積立購入していましたが、この機会に新生銀行の口座を整理することとしたため、全て売却し積立設定を解除しています。

保有金融資産のメインは昨年までは、旧世代の「インデックスeシリーズ」となっていましたが、現在メインの積み立て銘柄は「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」で、金融資産残高としても最も多い銘柄となっています。

コストが比較的高い旧世代のファンドは早く処分したいのですが、課税が嫌でなかなか売れずにいます。ファンドの統合が進めば良いのですが・・(期待はしていません)

今後の予定

2021年2月で投資(インデックスファンドのつみたて投資)を始めて16年目となります。

2021年も投資方針に変更はなく、毎月決めた金額をつみたてNISA口座と特定口座でひたすら積み立てる予定です。

なお、コロナショックの対応として2020年3月より1年間限定の予定で、毎月のつみたて金額を増額していましたが、2021年3月以降も増額したつみたて金額を標準にできそうです(おこもり生活で家計の支出が減ったため)。

インデックス投資は継続するのが難しいという声が聞かれますが、15年続けてきて特に難しいとは感じません。やり方次第だと思うんですよね。都度判断ではその場の感情に流されてしまうので、コツとしては事前に方針を決めて、できるだけ自動化してしまうこと。

その点、つみたてNISAは非常に良い仕組みだと思います(売ってしまうと非課税枠が減るので、もったいなくて売れない)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

おすすめ記事

 Myポートフォリオ・運用成績 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
じゅん@

40代会社員、既婚子なし、共働き。2006年から貯蓄と並行して低コストインデックス投信のつみたて投資を行っており、インデックス投資歴16年目。投資ブログを書き始めたのも同時期で、このブログとともにリーマンショックも乗り越えてきました。

Twitter・RSSを購読する
投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください