2018年1Q リスク資産運用状況

スポンサーリンク
 ポートフォリオ・運用成績 

2018年1Q(1月~3月)のリスク資産の運用状況について集計を行いました。

リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2018年1Q)の投資収益率は-3.81%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+25.0%となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。

まだ始まって3ヶ月ですが、つみたてNISA(2018年枠)だけで見ると-5.16%です。

リスク資産の評価額は今年1月末をピークに少し下げていますが、通常のばらつきの範囲内の変動に収まっています。

スポンサーリンク

アセットアロケーション(2018年3月31日現在)

現在のリスク資産の配分は、日本株10%、外国株56%(先進国株35%、新興国株21%)、日本債券28%、外国債券6%。
※注:個人向け国債は元本保証される無リスク資産ですが、便宜上日本債券クラスに含んでいます。

なお、我が家の金融資産全体に占める上記リスク資産の比率は約50%となるよう調整しており、リスク資産とは別に現金と定期預金を保有しています。

また、別枠で家計支出2年分を生活防衛資金として定期預金にキープしています(生活防衛資金は普段は無いものとして扱い、本当にイザという時まで手を付けないお金の位置づけ)。

リーマンショック後のリストラの経験から、2年分の生活防衛資金は決して大げさな金額ではないと考えています。

前向きな生活防衛資金
昨日発表された7月の完全失業率は5.7%と過去最高、正社員有効求人倍率は0.24倍と非常に厳しい雇用状況となっています(更なる悪化が予想されている)。私自身、勤務先の事業所閉鎖の決定により転職を余儀なくされましたが、必ずしも業績や本人のスキ

ポートフォリオ(2018年3月31日現在)

現在、私が保有及び積立購入している投資信託銘柄は以下の通り。

日本株

  • 日本株式インデックスe(特定口座)
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(特定口座)(積み立て中)

外国株

  • 外国株式インデックスe
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(特定口座)(積み立て中)
  • たわらノーロード先進国株式(特定口座及びつみたてNISA)(積み立て中)

新興国株

  • eMAXIS新興国株式インデックス(特定口座)
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス(特定口座)(積み立て中)
  • たわらノーロード新興国株式(特定口座)
  • 野村インデックスファンド・新興国株式(Funds-i)(特定口座)(積み立て中)

日本債券

  • 個人向け国債 変動10年(特定口座)

外国債券

  • 外国債券インデックスe(特定口座)

前期までと保有銘柄に変更はありません。

つみたてNISAではたわらノーロード先進国株式を積立銘柄に選定しました。

低コストインデックスファンドではeMAXIS Slimが、本気で頂点を取りに来ています。eMAXIS Slim先進国株式インデックスも今月初回の決算を迎えるということで、つみたて銘柄を変更するかもしれません。

積立銘柄決定。SBI証券でつみたてNISAの設定を行いました。
いよいよ2018年1月よりつみたてNISAが始まります。 SBI証券では本日12月17日よりつみたてNISAの積立て設定が可能となっていますので、早速設定...

また、昨年、超低コストインデックなスファンドがたくさん登場したということで、私がホールドしているインデックスeシリーズは完全に時代遅れとなってしまいましたが、低コストなものに乗り換えた方が良いかといえば、そのまま保有した方が良いと現時点では判断しています。

低コスト投資信託への乗り換えタイミング
読者の方から投資信託の乗り換えをすべきかどうか、下記のご質問を頂きました。 ネタの提供をありがとうございます。 私は、6年程前から主にインデックスフ...
インデックスeシリーズ第8期運用報告書(2018年2月)
今となっては一世代前のインデックスファンドとなってしまいましたが、三井住友トラストAMのインデックスeシリーズ(旧CMAMインデックスe)の第8期運用報告書が出...

次の四半期も投資に関して特に行動する予定はなく、年初に決めた一定額を自動で積立てる予定です。

私は上記のファンドをSBI証券で保有しています(新生銀行ゴールドランク対策の野村インデックスファンド・新興国株式を除く)

SBIカードのサービス終了によりお得度が下がりましたが、SBI証券は投信保有残高によるポイント還元(投信マイレージ)が継続される限り、放ったらかし投資に最も有利なネット証券だと思います。

投資信託のポイント還元プログラム比較
SBI証券や楽天証券など、ネット証券では投資信託の保有残高によりポイントが付与されます。 チリも積もれば・・・年間で結構馬鹿にならない金額になります。 ...





コメント