著者プロフィール

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。

じゅん@のプロフィール


Author:じゅん@ (メールフォームはこちら)
Twitter: @junatmark
Facebook page: 投信で手堅くlay-up!

関東近郊在住、40代会社員、子ナシ、夫婦で共働き。
いつの間にか10年以上もインデックス投資信託をつみたてながら、投資ブログを書いていました。

メディア掲載履歴

インデックス投資のきっかけ

理系。研究開発職で、若い頃は経済や投資と言ったものには全く無関心で生きてきましたが、住宅ローンの検討をきっかけに、金利動向や複利効果の凄さに興味が向く(現在では住宅ローンは完済しました)。
その頃、たまたま本屋で手にしたチャールズエリス著「敗者のゲーム」に影響され、インデックスファンド・ETFを用いて老後への資産形成をスタートしました(2006年2月~)。

競技としてスポーツをやっている(いた)人は感覚的にわかると思うのですが、アマチュア同士の勝負はミスが少ない方が勝つ試合になるという事が研究さ...

投信ブロガーとしてのこだわりポイント

リスク資産への投資を始めて以来、当ブログのサブタイトルに記したように「バーディ狙ってボギーよりも、刻んでパーを取って行きたい」という手堅いスタイルでコツコツ投資を実践しています(アセットアロケーションなど運用の状況はこちら)。

株式クラスは世界株の時価総額比を基本に、GDP比も意識して、新興国株式をやや多めにしています。リスク資産と無リスク資産の比率はほぼ半々。

情報収集に先人達のブログ記事が大変参考になった為、私自身も情報の記録や考えを整理するためにブログをはじめました(残念ながら2006年11月以前の記事はシステムトラブルにより残っていません)。

他の投資ブロガーの方々とオフ会でお会いして交流する中で、ブログ運営についても色々と刺激を受け、”lay-up.net”の独自ドメインを取得したのが2008年。

金融に関するマニアックな話題は他のブログや専門の方々にお任せして、私はいち素人の視点から思うことを記事に書いていきたいと思っています。

このブログを書く上で、『事実をわかりやすく整理し正確に伝える事』を最も大切と考えています。もちろん私個人の考えも併記しますが、そう考えるに至ったデータや元ネタをシェアする事が重要と考えます。その為、オフィシャルな情報ソースを可能な限り併記します。読者の方々の考えや判断に何かしらのお役に立つ情報を提供したいと思います。

ただし、当ブログの情報を参考にされる事により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。
また、過去の記事内容は現在の状況とは異なっている場合がありますので、古い記事にはくれぐれもご注意下さい(過去に遡って記事の修正は十分出来ていません)。

ご意見・情報等ありましたら、お気軽にコメント、twitterまたはメールをお願いします。
メールはこちらのフォームから。

初めてお越し頂いた方へお勧め記事

私の投資スタイルの基礎となっている考えです。

一般のサラリーマンにとって資産形成は一朝一夕に成るものではありません。 毎月の給料からコツコツと積立を行いながら、複利の力を借りて増や...

投資家として20の基本マニフェストを示しています。

最近、「投資方針書」を書かれている投資ブログをよく見かけます。どうやら岡本和久さんが著書で推奨されているのですね(コラム「投資方針書を書こう」)さて、私は投資方針書で各論を語る前のもっと根本的なところ、投資家としての20の基本マニフェストを

過去の経験に学ぶことは大切です。リーマンショック時の生の声をお届けします。

2008年のリーマンショック後に投資を始めた方が増えてきていますので、リーマン・ショック前後でどんな雰囲気だったのか、また私のアセットアロケーションがどう変わったのか、過去のブログ記事を振り返ってみます。まず、下図が2006年からの我が家の

下落相場の過ごし方こそが積立投資の極意です。

メディアでは株価の大幅下落と騒いでいます。 最近投資を始めた人などは含み損が気になっている人も居るのではないでしょうか? 以前「投信...

一般人の資産形成(資産運用)にはETFよりも通常の投資信託が適していると最近は考えています。

表題の通り、海外ETFをすべて売却し、インデックスファンドへ変更しました。これまで海外ETF(特にVT)に投資していましたが、結構前からなんとなくスッキリしない迷いがありました。1年程前には、水瀬さんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォー

また、こちらのブログへのリンクを張って頂けると、下部の逆アクセスランキングに表示されます。ご自由にリンク下さい。

「相互リンクの依頼」は受け付けておりませんが、インデックス投資ブログを中心に当ブログの趣旨に沿うブログについては適宜リンクさせていただきますので、まずはコメント欄やtwitterなどから交流させて下さい。なお1ヶ月以上更新の滞っている場合などは断り無くリンクを外させて頂く場合があります。ご了承下さい。

【プライバシーポリシー】

当ブログでは訪問者様のアクセスログをとらせて頂いております(日時、IPアドレス、ブラウザの種類、参照元等)。当ブログへの訪問者様の動向を、統計データとして分析する為のものであり、個人の情報を特定できるものではありません。

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用しており、訪問者様が閲覧する他のサイト(Adsense広告のあるサイト、YouTube等)の利用状況に応じて、興味のあるであろう広告が自動配信されます。情報を収集する手段としてCookieを使用しており、当ブログや他サイトへのアクセスに関する情報 (もちろん氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) が使用されることがあります。

興味/関心に基づく広告の表示を希望されない場合は、こちらのページより除外設定(オプトアウト)が可能です。より詳細な情報はこちらをご参照下さい。

また当サイトは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたら是非シェアしてもらえると嬉しいです。

フォローをお願いします