「 証券会社 」一覧

個人型確定拠出年金(iDeCo)口座はSBI証券か楽天証券のどちらを選ぶ?

2017年1月1日より個人型確定拠出年金(iDeCo)に誰でも加入出来るようになりますが、ここに来て証券各社も顧客の囲い込みに盛り上がってきました。

2017年から個人型確定拠出年金が誰でも加入可能に
これまで自営業者や企業年金なしのサラリーマンに限られていた個人型確定拠出年金(DC)が、来年1月から誰でも加入できるようになる法案が可決とい...

老後に向けた備えの一つとして、iDeCoはNISAと同様に「運用益が非課税」というメリットがありますが、なにより掛け金の全額が課税所得より控除される為、iDeCoの枠は優先して使うべきだと思っています。

ただし、私の場合は拠出限度額が月額1.2万円(年額14.4万円)なので、60歳まで積み立てても250万円程度にしかなりません。口座に掛かる手数料(固定費)に一番に注意しなければいけないと思います。

という事で、私が個人型確定拠出年金口座を開設する候補としては、SBI証券か楽天証券が現在の2強と考えていますが、手数料等の情報をまとめてみました。
>>この記事の続きを読む


カブドットコム証券の新サービス「毎月ポイント」は使えない

あ、タイトル違ったか「カブドットコム証券の新サービス「毎月ポイント」はインデックス投資家には使えない」かな?

先日のカブドットコム証券の新サービスに関するプレスリリースを見て、とうとうSBI証券に対抗できるポイント付与率を出して来たんだ!コレはニュースだ!と思いましたが、実際の中身は期待はずれでした。
ポイント対象外ファンド(下表)に現在主流な低コストインデックスファンドがズラリと。。。

2014年8月末現在 対象外ファンド

委託会社 ファンド名
朝日ライフ 朝日ライフ 日経平均ファンド
SBI EXE-i グローバル中小型株式ファンド
国際 ジャパン・ソブリン・オープン
国際 ジャパン・ソブリン・オープン(資産成長型)
DIAM DLIBJ 公社債オープン(短期コース)
DIAM DLIBJ 公社債オープン(中期コース)
大和 ストックインデックスファンド225
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド
ニッセイ <購入・換金手数料なし>ニッセイ Jリートインデックスファンド
ニッセイ ニッセイ TOPIXオープン
ニッセイ ニッセイ 日経225インデックスファンド
ニッセイ ニッセイ 日本インカムオープン
野村 野村インデックスファンド 愛称:Funds-i(ファンズアイ)
みずほ MHAM株式インデックスファンド225
みずほ MHAM 株式オープン
みずほ MHAM 物価連動国債ファンド
三井住友トラスト SMTインデックスシリーズ
三井住友トラスト 世界経済インデックスファンド(債券シフト型)
三井住友トラスト 外国株式インデックスe
三井住友トラスト 外国債券インデックスe
三井住友トラスト 日本株式インデックスe
三井住友トラスト 日本債券インデックスe
三菱UFJ インデックスファンド225
三菱UFJ <購入時手数料無料>日本応援株ファンド(日本株)
三菱UFJ インデックスファンド・シリーズ“eMAXIS(イーマクシス)”
三菱UFJ 三菱UFJ 純金ファンド
三菱UFJ マネーコース

>>この記事の続きを読む


SBI証券NISA口座の使い勝手

先日記事にしたように、私はSBI証券でNISA口座を開設し特に不便さを感じ無いまま「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を購入しましたが、相互リンク先のとよぴ~さんのブログを見るとNISA口座の積立てで苦労されているらしい。

参考:NISAでの積立が泣けるほど不便な件について

どうやらマネックス証券では入金後の「お預り金 」を「NISA口座」へ振替指示が必要なようです。NISA口座での積立てが、NISA口座内の資金からの積立からしか対応していないと言うことは、カードや銀行口座を使ったコツコツ積立ては出来ないのですね。。。

金融機関によってNISA口座の使い勝手はかなり違うようです。少なくともSBI証券では下図の通り預り金の課税口座とNISA口座の区別は無く、通常通り住信SBIネット銀行のハイブリッド預金からの自動振替も利用できます

SBI証券NISA口座

>>この記事の続きを読む


NISAについて考えをまとめた

NISAについては期間に制限があるだとか、損をしても通算できないだとか、制度に対する不満点も多いです。また現状ではシステムの問題もあるようで、年度ごとの投資分の損益がweb上できない等・・・正直あまり乗り気ではなかったのですが、使ってみてダメなら辞めれば良いと、先日SBI証券にNISA口座の開設手続きを行いました。後は税務署での確認作業となっています。

SBI証券を選んだ理由は、私のメイン証券だから。NISAで運用予定のインデックス投信ほか、内外ETFなど運用商品の選択肢の幅が広く手数料も安いですしね。NISA口座も投信マイレージサービスの対象になっており、投信保有額の最大0.24%(1000万以上、SBIカードホルダー限定)が還元されます。

関連SBIポイントがSBIカード会員限定で1ポイント=1.2円に!

実際の運用については、今回、先日の海外ETFの売却分の一部を再投資せずに残してありますので、NISA口座開設出来次第、一括投資する予定です。

>>この記事の続きを読む


住信SBIネット銀行 外貨預金キャンペーンを活用

住信SBIネット銀行で5月6日(月)より「外貨預金はじめるなら今でしょ!キャンペーン」と「米ドル定期預金 特別金利キャンペーン」が始まります。

住信SBIネット銀行 プレスリリース

【外貨預金はじめるなら今でしょ!キャンペーン概要】

1. 期間 平成25年5月6日(月)~7月20日(土)5:50買付約定分まで
2. 対象となる取引 期間中に以下の条件をすべて満たすこと
(1)キャンペーン期間中に外貨普通預金口座を開設すること
(2)円普通預金から外貨預金を一度に1,000通貨以上(香港ドル・南アランドは10,000通貨以上)新規に預入れること
3. 特典 現金1,000円

【米ドル定期預金 特別金利キャンペーン概要】

1. 期間 平成25年5月6日(月)~7月14日(日)お預入れ手続き完了分まで
2. 米ドルキャンペーン金利 年0.80%(2ヶ月)、年1.00%(1年)
※1万米ドル未満の適用金利

住信SBIネット銀行の外貨の扱いについては以前にも記事にしていますが、SBI証券との間で手数料無料で資金移動が可能ですのでお得な使い道があります。「SBI証券、住信SBIネット銀行で外貨の資金移動が可能に!

SBI証券の米ドルMMF(ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド)の直近利回りが0.146%なので、上記キャンペーン金利は大きいですね。

>>この記事の続きを読む


SBIポイントがSBIカード会員限定で1ポイント=1.2円に!

SBI証券には対象投資信託の保有額1,000万円以上で保有額の0.2%(年率)が、1,000万円未満で0.1%のSBIポイントが付与される「投信マイレージサービス」があります。

このSBIポイントは、従来は住信SBIネット銀行で1ポイント=0.85円、Yahoo!ポイントへは等価交換となっていました。

今回なんと、SBIカードホルダーは10,000ポイント=12,000円で交換可能となりました!最大で投信保有額の0.24%が還元されると言うことで他社に比べても非常に強力なサービスになります。

2013年2月28日(木)より、SBIカード株式会社が発行するクレジットカードで貯まる「サークルプラスポイント」がSBIポイントへ移行できるようになりました。

【サークルプラスポイントからSBIポイントへの交換単位・レート】
■ 交換レート : サークルプラスポイント : SBIポイント = 1 : 1
■ 最小交換ポイント数 : サークルプラスポイント 1 ポイント以上
■ 交換単位 : サークルプラスポイント 1 ポイント単位
■ 交換予定日 : リアルタイム
■ サービスページ : http://www.sbicard.co.jp/mastercard/
同時に、SBIポイントではSBIカード会員限定で、住信SBIネット銀行への現金交換に限り、会員限定の交換レートを適用開始いたしました。
SBIポイント 5,000ポイント → 5,000円
SBIポイント 10,000ポイント → 12,000円
【SBIカード会員限定】 現金交換ページ
https://sbipoint.jp/point/cashback/sbicmc

>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク