山崎元/水瀬ケンイチ著「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

インデックス投資の分野では誰もが認めるNo1ブロガーの水瀬ケンイチさんと、あの山崎元さんの共著「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」が昨日発売になりました。おめでとうございます!

【送料無料】ほったらかし投資術

【送料無料】ほったらかし投資術

価格:777円(税込、送料別)

  • 序章 人はどのようにしてインデックス投資家になるか~水瀬ケンイチの投資遍歴
  • 理論編 なぜ、普通の人にとってほぼベストの資産運用方なのか?~山崎元が教えるインデックス投資の基礎知識
  • 実践編 インデックス投資、こうやったら大丈夫~水瀬ケンイチのすぐにできる徹底ガイド
  • 商品ガイド編 インデックスファンド、ETF商品完全ガイド
  • もっと知りたいあなたへ ファンドマネージャーに聞く!ここが知りたいインデックス投資
  • 終章 「ほったらかし運用」の魅力とあなたの未来

また、各章の後ろにはインデックス投資家列伝というコラムがあり「Night Walkerさん」「rennyさん」「イーノ・ジュンイチさん」が紹介されていますが、4番目には私「じゅん@」も加えて頂きました。ありがとうございます。

スポンサーリンク

さて、早速読ませて頂いた本書ですが「インデックス運用実践ガイド」として非常に良くまとまっています。

最近だと、ブログからインデックス投資に関する情報を集める人も多いと思いますが、ブログはちゃんと順序立てて書かれている訳ではありませんし、インデックス投資に初めて興味を持った人が、うちのブログなどをいきなり読んでも、多分よく判らないと思うんですね。
その点、本書はインデックス投資の『心』のようなところから、理論面まできちんと体系立てて書かれています。

また、インデックス投資を既に実践している方にとっても、ファンドマネージャーとの対談の章では普段知ることのない濃い話が聞けますし、最後の水瀬さんと山崎さんの対談も楽しめるなど、ただのガイド書ではない工夫がされています。

欲を言えば、なぜ預貯金だけではなくてリスク資産で運用するのか?といった点から、もう少し深くお二人の考えが書かれていると良かったかも?
(預貯金ONLYの一般人にとってはそこから説明してやらないと・・・だと思いますが、そもそもそういう人は書店で本書を手に取らないので、対象ではないのかな)

ま、これ以上詳しい内容は読んでのお楽しみということで、ここには書きません。
「運用が仕事でも趣味でもない普通の人」に是非オススメの一冊です。

応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)


コメント

  1. [書籍] ほったらかし投資術

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-882-1012111037.html
    共著者の水瀬さんに本を頂きましたので、早速読ませていただきました! 基本的な構成は、山崎元さんの投資理論、個人投資家:水瀬さんから見た投資、そしてインデ…

  2. うさみみ より:

    水瀬さんの本の書評がぞくぞくとという感じですね。
    うさみみも読みたくなります。
    じゅん@さんのブログが見えるようになりました(^^♪
    ありがたいです。

  3. じゅん@ より:

    >うさみみさん
    ご連絡が遅れましたが、ブログの設定を変更しました。
    一応普段からIE8、Firefox3、Chrome8では表示を確認しているのですが、もし見れないとか表示がおかしいとか不具合があれば、言って頂けると非常に助かります(対応できるかどうかは別ですが)。

  4. 水瀬ケンイチ×山崎元『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド』 感想

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-882-1012111037.html
    山崎元氏、水瀬ケンイチ氏共著である『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド』を読みました。水瀬さん、本をいただきありがとうございます。
    さ…

  5. 『ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド 山崎 元 (著), 水瀬ケンイチ (著)』

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-882-1012111037.html
    いろいろな投資系ブログで話題になっていたので読んでみた本です。図書館でも人気になっていて、すっかり周回遅れになってしまいましたが。 著者お二人の紹介…