世界の株価 7割でリーマンショック前に回復

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

今朝の日経新聞 総合面より。

主要な20市場のうち、2008年9月の米大手証券リーマン・ブラザーズ破綻前の水準を回復したのは、米国市場を加えて14と全体の7割に達した。

世界の主要株価指数のリーマン前比騰落率(%)

アルゼンチン 102.7%
中国 50.5%
インド 49.2%
ブラジル 39.3%
台湾 33.9%
韓国 31.2%
香港 28.5%
シンガポール 26%
ロシア 19.4%
南アフリカ 16.4%
英国 8.2%
ドイツ 8%
カナダ 0.9%
米国 0.1%
オーストラリア -1.7%
スペイン -7.1%
スイス -8.6%
フランス -9.6%
日本 -21.2%
イタリア -24.3%



表中の国名よりbloombergのチャートへリンクを張りました(ただし、各国市場のメジャーな指数は複数あったりしますので、元記事でどの指数を用いたのか正確な事は不明です)。

こうして見ると、新興国はとっくにリーマンショック前の株価水準に回復し、さらに上昇していることがわかります。
円建ての私のアセットアロケーションでも、新興国株クラスは通算でプラスとなっています。

まぁでも、アルゼンチンメルバル指数は株価2倍の高騰と、これがVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)の実力なのか何なのかよく判りませんが、ちょっとおかしな事になっているのではないでしょうか(ちなみにアルゼンチンはMSCIではフロンティアマーケットに分類)。

結局、新興国株はまだまだ伸びるとも、バブルだとも言われていますし、今度は出遅れた先進国株に見直し買いが入るとも考えられる訳で・・・私としては今まで通り決めたアセットアロケーションを維持するよう、リバランスをするだけです。

ところで、世界の株価がこれだけ回復しているのに、私の投資成績は未だにリーマンショック前の水準に届いていません。。。

2008年9月8日の1ドル108.34円が現在 81.25円、ユーロも153.07円から113.99円と為替の影響で、ドル資産もユーロ資産も円を基準に考えると約25%減価していますので、これでも相当回復したということなのでしょうけどね(下落時にもコツコツと買っていた効果で、平均取得単価は下がっています)。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)