SBI証券 – 米ドル現引きの手順

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

海外ETF購入の為の米ドルを低コストで調達すべく、久しぶりにSBI FXαにて米ドルの現引きを行いました(今月一杯は楽天証券がキャンペーンでスプレッド0円ですが)。

前回(昨年6月)にも、現引きの手順に関するメモを残していますが、この1年間で手数料体系が変更されていますし、自分で過去記事を参考にしていて情報が足りないと感じる点がありましたので、改めてまとめておきます。

1.FX経由現引きのメリット・デメリット
SBI証券にてFXより米ドルを調達(現引き)すると$1あたりの為替スプレッド(手数料)が2銭ツꀀ0.5銭(2016/6/24現在)です(FXではなく通常の為替取引の場合は25銭。楽天証券、マネックス証券も通常は25銭)。

また、SBI証券の為替取引では1日2回レートが決まりますが、FXでは指値注文が出来ます。

デメリットとしては、10,000通貨単位($10,000単位)の取引と額が大きくなってしまう点(1,000米ドル単位のミニ取引(SBI FXミニ)もあります(2016/6/24追記)

スポンサーリンク

2.外国為替保証金取引(FX)口座の開設
SBI証券に証券口座を持っている方も、事前にFX口座の開設手続きが必要。WEB上の手続きだけで完了します。

3.FX口座への振替
予め円をFX口座へ振替指示しておく必要があります(金額は余裕をもって)。私の場合、「住信SBIネット銀行のSBI証券専用預金口座に預金してありましたが、振り替え指示直後にはSBI証券の外国為替保証金取引口座の余力に反映されました。

4.FX取引時間について
【夏時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM5:30
※ただし月曜日のAM6:30~AM7:00、火曜日~土曜日のAM5:30~AM6:00は定期システムメンテナンスのため利用できない

【冬時間】日本時間:月曜日AM7:00~土曜日AM6:30
月曜日~土曜日のAM6:30~AM7:00は定期システムメンテナンスのため利用できない

5.現引き指示
約定すると現引き指示が出来るようになりますが、ここでも時間帯の制限があります。
現引き指示が出来るのは、月曜日夏時間冬時間ともに7:00~14:00、火曜日から金曜日は夏時間6:00(冬時間7:00)~14:00

前回は出社前の操作で問題なかったのですが、最近は家を出る時間が早くなり、この取引時間の制限が問題となりました。
気付かずに注文を出すと直ぐにメンテナンスになり、正直焦りました・・・(汗

モバイルからもFX取引は出来るのですが、現引き指示は出来ないようです。

と言うわけで、帰宅してみると無事にドルが外国株口座に入っていました。その日のうちに、海外ETFの購入が可能です。



応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事


コメント

  1. エッジ より:

    最近、弾を準備するために、SBI証券で現引きしています。
    その時に思ったのが、意外に資金余力が必要だという点です。
    たしか現引きする金額の105%の資金が必要だったと思いますが、
    「証拠金が足りません」と表示されて、ちょっと焦りました(^^;

  2. じゅん@ より:

    >エッジさん
    現引きの際には105%(FXの保証金(ドル円の場合10万円)とは別に?)が必要なようですね。
    確かにこれも注意が必要な点です。

  3. FXのドルでのETF購入の税金 より:

    ETFを売却した場合、利益分の税金払う>米国?
    FXで、上記により得たドルを円に替えるが、その差益利益は、
    ある一定以上は、総合課税対象となるのでしょうか。
    通常、FXは税金と繰越を考え、クリック(2割のみの税金)を
    使っているものです。

  4. じゅん@ より:

    税金に関していいかげんな事は言えないので、正確には税務署などに問い合わせて頂くのが良いと思いますが、
    ドル買い(FX)→ドル現引き(FX)→海外ETF購入→海外ETF売却
    という流れのうち、後半の海外ETFに関わる譲渡益の計算は、購入時は国内約定日の東京外国為替市場のTTS為替レートを、売却時は同TTB為替レートを用いて計算するようです。
    http://faq.sbisec.co.jp/EokpControl?&tid=12324&event=FE0006
    また、FXでのドル買いから現引きまでに円安が進行すれば、当然FXの利益として総合課税対象になると思われます。この辺り、ややこしい話になると嫌なので、私は必ずドル買い後、すぐに現引き決済し、即日で海外ETFを購入するようにしています。

  5. ハル より:

    私もSBI証券でVTを購入しましたが最終的に日本円に変える場合に上の逆の「現渡し」はまだできないのですよね?

  6. じゅん@ より:

    >ハルさん
    「現渡し」出来ませんね。出来るようになると非常に嬉しいのですが。

  7. 米ドルの現引き より:

    同様にSBI証券で香港ドルの現引きはできるのでしょうか?

  8. じゅん@ より:

    残念ながらSBI証券で現在現引き可能なのは、「米ドル/円」取引のみのようですね。
    http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/help/fxlm/gb_order.html

  9. しげ より:

    昨夜@81.65で米ドル買いを1万ドル成約。今朝、現引きをクリック。14:20頃見ると、保証金の減額が818,400円だった。ということは@81.84で買ったことになる。取引詳細なるものを見なれていないのでよくわかりません。なぜ@81.65+@0.02で買えなかったのか教えてください。

  10. じゅん@ より:

    >しげさん
    14:20頃確認との事ですが、その時刻では受け渡しが済んでいないなどの理由で保証金額が概算だったりしませんか?
    2009年当時の私の記録では、150万円を入金し、@95.24で1万ドル約定。
    当日中に1万ドルを現引き(この時のレートは@95.10)。
    その夜に547,600円を出金していますので、ちゃんと約定金額で決済されているようですが。

  11. しげ より:

    この時間でも残念ながら精算は特にされないようです。818,400という数字は午前中から保証金の計算欄の必要保証金なる欄にあった数字ですので14:00を待たずに算出されていたようです。よくわかりませんが、今までもっと高い費用で買っていましたので、十分満足です。ありがとうございました。