SBI証券NISA口座の使い勝手

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

先日記事にしたように、私はSBI証券でNISA口座を開設し特に不便さを感じ無いまま「ニッセイ外国株式インデックスファンド」を購入しましたが、相互リンク先のとよぴ~さんのブログを見るとNISA口座の積立てで苦労されているらしい。

参考:NISAでの積立が泣けるほど不便な件について

どうやらマネックス証券では入金後の「お預り金 」を「NISA口座」へ振替指示が必要なようです。NISA口座での積立てが、NISA口座内の資金からの積立からしか対応していないと言うことは、カードや銀行口座を使ったコツコツ積立ては出来ないのですね。。。

金融機関によってNISA口座の使い勝手はかなり違うようです。少なくともSBI証券では下図の通り預り金の課税口座とNISA口座の区別は無く、通常通り住信SBIネット銀行のハイブリッド預金からの自動振替も利用できます

SBI証券NISA口座

スポンサーリンク

SBI証券でのNISA積立て設定場面はこんな感じ(下図)。

預かり区分を忘れずにNISAにするだけで、通常の購入と何も変わらないのですが、気になると言えば①課税口座で積立て設定している場合、同じ銘柄をNISAでも積立て設定は出来ない。②分配金再投資はNISA口座内ではなく課税口座で行われる。この2点でしょうかね。この辺りの扱いは他社と違う可能性があると思います。

SBI証券NISA積立て

その他に問題点は、現時点では口座管理画面のNISA預りにおける『取得単価』『評価損益』が非表示となっている点。これは2014年3月上旬のサービス提供に向けて準備が進められているようです。

SBI証券でNISA口座を開設するメリットはやはりNISA口座も投信マイレージの対象となっている点。別記事で紹介していますが、SBI証券のポイント還元は秀逸で、最大で投信保有額の0.24%(年率)が還元されます。

興味を持たれた方、こちらのバナーから資料請求ができます。



応援ありがとうございます
>>投資信託ブログランキング
スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)


コメント

  1. いちろう より:

    私も、SBI証券でNISA口座を開きました。投信は記事のとおり。国内株(ETF)は、貸株に対応していませんでした。残念。
    マネックスの使い勝手レポートを見て、同証券のゴールド(金)口座を思い出しました。ホントに資金移動が使いにくいんです。面倒くさいからやめちゃいました。

  2. じゅん@ より:

    >いちろうさん
    コメントありがとうございます。
    貸株には非対応なんですね。
    基幹となるシステムは共通だったりするのかと思っていましたが、意外と証券会社によって細かい違いがあるようで。情報収集が大切ですね。

  3. NISA口座の開設申込み

    PERMALINK: http://www.lay-up.net/archives/blog-entry-1056-1402110842.html
    NISAが開始して約1ヶ月半、ようやく口座開設の申込みをしました。
    開設先は結局日頃使っているSBI証券にしました。
    NISAは、一般の証券口座の…

  4. 矢向 より:

    確かに今みたらニーサ口座は貸し株対応になっていない。。
    始めて気がつきました。買い付けはむずかしさをかんじませんね