2020年1Q リスク資産運用状況

コロナショックによる株価下落は、まだこの後がどうなるのか全く解らない状況ですが、積み立て投資を淡々と継続しています。

2020年の第1四半期が終わったところで、定例のリスク資産状況の棚卸しを行います。

我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2020年1Q)の投資収益率は-16.5%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+11.4%となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。

つみたてNISA口座は、外国株式クラス100%で年間40万円(毎月30,000円、ボーナス月は50,000円)をつみたて運用していますが、2018年枠が-12.6%、2019年枠が-15.2%、2020年枠が-22.0%といずれも含み損となっています。

金額ではかなりの痛手ですが、減ったものは仕方がないので、取れるリスクの範囲内(ここからさらに30%下がっても平気か?)で、積み立て投資を継続するのみです。

スポンサーリンク

アセットアロケーション(2020年3月31日現在)

現在のリスク資産の配分は、日本株11%、外国株60%(先進国株42%、新興国株18%)、日本債券23%、外国債券6%。

アセットアロケーションは前期に比べて株式比率が5ポイント減少し、債券比率が増えています。

為替の影響が大きいため、もう長いこと外国債券クラスに新規投資は行っていませんが、今回のコロナショックは為替が円高に動いていないため、外国債券クラスは踏みとどまっています。

なお、上記は株式・債券などリスク資産の配分であり、現金・定期預金(2年分の生活防衛資を含む)を含む金融資産全体では、普段はリスク資産の比率が約50%となるよう目指しています

今現在はリスク資産が減ったことで、リスク資産比率が40%を切るところまでまで下がってしまい、リバランスを行うレベルになったので、3月より積立額を増加しています。一括で追加投資する胆力はないので、1年間かけて50%に戻すイメージで増額設定をかけました

生活費2年分の生活防衛資金を確保しておくことや、資産全体の現金比率50%を確保することについては、株価が好調な際は非効率だと散々言われましたが、放ったらかし投資を実践する上では、良く機能していると思います。

ポートフォリオ(2020年3月31日現在)

現在保有している銘柄は以下の通り。

日本株

  • 日本株式インデックスe(特定口座)
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド(特定口座)

外国株

  • 外国株式インデックスe
  • ニッセイ外国株式インデックスファンド(特定口座)
  • たわらノーロード先進国株式(特定口座及びつみたてNISA)
  • eMAXIS Slim 先進国株式(つみたてNISA)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)(特定口座及びつみたてNISA)(積み立て中)
  • 野村インデックスファンド・外国株式(Funds-i)(特定口座)(積み立て中)
  • DCダイワ外国株式インデックス(確定拠出年金)(積み立て中)

新興国株

  • eMAXIS新興国株式インデックス(特定口座)
  • eMAXIS Slim新興国株式インデックス(特定口座)(積み立て中)
  • たわらノーロード新興国株式(特定口座)

日本債券

  • 個人向け国債 変動10年(特定口座)

外国債券

  • 外国債券インデックスe(特定口座)

今期よりメインの積み立て銘柄を「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」にした為、ニッセイTOPIXインデックスファンドと、ニッセイ 外国株式インデックスファンドの積み立てを停止しています。

現時点で保有銘柄は変更ありませんが、この後、銘柄の整理を考えています。

今後の予定

特にインデックスeシリーズをいい加減低コストの商品に切り替えたいのですが、我が家の資産内訳では一番残高が大きくなっており、動かしづらい状況ではあります。

急ぐものでもないので、株価の推移が落ち着いたあたりでと思います。

なにはともあれ、今は健康維持に気をつけてよく寝るようにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

おすすめ記事

 Myポートフォリオ・運用成績 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
じゅん@

40代会社員、既婚子なし、共働き。2006年から貯蓄と並行して低コスト インデックス投資信託のつみたて投資を行って15年目。インデックス投資ブログを書き始めたのも同時期で、このブログとともにリーマンショックも乗り越えてきました。

Twitter・RSSを購読する
投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください