eMAXIS Slim 4ファンドの信託報酬の引き下げが実施されます

業界最低水準の運用コストを目指し続ける事を公言している、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」シリーズですが、今週、5月14日より4ファンドの信託報酬の引き下げが行われます。

プレスリリース業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施|三菱UFJ国際投信

スポンサーリンク

コストは確実に投資リターンを下げる

世の中、絶対・確実ということはなかなか言えないのですが、「コスト」は確実に投資家の手元のリターンを下げます。

特にインデックス投資信託は、どのファンドもインデックス(指数)への連動を目指して運用されているので、信託報酬コストが低いファンドを選ぶことで、コストの分はリターンが向上します。

ETFであれば、信託報酬コスト(又はexpense ratio)の他に、売買手数料コスト、為替コストについても、こだわることで確実にリターンに影響しますね。

eMAXIS Slimシリーズは下表のように、これまで何度か信託報酬を下げてきました。

正直、従来のeMAXISシリーズを放置して、中身は同じSlimシリーズを新たに設定した際にはふざけるなと思いましたが、これだけ本気でコスト低下を継続し人気を集めると、今では一番安心して長期保有できるファンドとなっています。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」でも、20ファンド中7ファンドをeMAXIS Slimシリーズが受賞しました。

eMAXIS Slimシリーズ信託報酬履歴

信託報酬引き下げ対象ファンド

さて、長期投資の肝となる信託報酬コストですが、eMAXIS Slimシリーズは、2019年4月18日に4ファンドの信託報酬引き下げを発表しました(適用は5月14日から)。

今回対象となるファンドは以下の通り(年率・税抜きで表記)。

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 0.155% → 0.140%
eMAXIS Slim 国内株式(日経平均) 0.155% → 0.140%
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.170% → 0.140%
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 0.159% → 0.140%

いずれも、他社類似ファンドの信託報酬に対抗してとのことですが、今回、比較対象がiDeCoに採用されているファンドにも拡大されました。改めて三菱UFJ国際投信が、他を駆逐する勢いで攻めているのが伝わってきます。

というわけで、iDeCoに採用されている野村AMのDCファンドに合わせての信託報酬引き下げです。野村AMもちょうど、2019年2月に信託報酬の引き下げを発表していたようですね(6月、7月に実施予定)。

プレスリリース確定拠出年金向けファンドの信託報酬率引き下げについて|野村AM

野村AMのDCファンドは、DC専用であることもあり、あまり純資産額が大きくなく不人気です。信託報酬引き下げについては、相互リンク先のとよぴ~さんが詳しく書かれています。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)は妻がつみたてNISAで保有

ちなみに、上記の対象ファンドの中でも、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、妻がつみたてNISAで購入を続けているファンドです。

クラスNo.1の低コストもさることながら、純資産額も240億円を超え、着実に伸びているバランスファンドです。

各資産クラスに分散投資して、あまり大きなリスクを取らずにそこそこのリターンが得られれば良いという妻の投資対象としてはピッタリ。

なにしろ、つみたてNISAは最高20年間保有を続けるわけですから、今後も堅実な運用が継続することを期待します。

従来のeMAXISシリーズもなんとかして欲しいのですが。。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
 インデックスファンド 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください