2009年3Q 運用状況

スポンサーリンク

月日が経つのが本当に早いですね。もう9月も終わりです。
さて、本日夕方までのリスク資産の運用状況を集計しました。

2009年3Qの投資収益率は+5.9%(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)とまずまず。リスク資産への投資開始(2006年)以来の累計では-24.5%となっています。

一時、-47%という時(2009年2月末)がありましたからね。数字以上に気持ちとしてはかなり回復したと感じます。

リスク資産配分は、日本株31%(EFAの日本株部分を含む)、外国株58%(うち新興国株16%)、外国債券5%、外国REIT 6%

現在のポートフォリオは以下の通り。


日本株

外国株

新興国株

外国債券

外国REIT

STAM新興国株をETFへリレー投資する際に、既に購入したEEMについてもまとめてVWOへ乗り換えました

今後海外ETFへどのようにリレーしていくかについては、一応バンガード VTを中心にと考えています。

最近は、そもそもインデックスファンドから海外ETFへリレーするか否かについて、迷うところもあるのですが・・・まずは目先で「確実にコストとしてかかる信託報酬額を少しでも下げる」事を狙ってリレーしていきたいと思います。

コメント

  1. 質問 より:

    わからないので教えて下さい。
    インデックスファンドから海外ETFへリレーに関してですが、
    最近のeMAXISなどでは新興国タイプで信託手数料0.63%位
    まで下がってきており、VWOとの差額で0.36%/年程度だと
    思います。
    海外ETF所有時の配当金にかかる税率(海外10%・日本10%
    の計19%)まで加味すると日本の個人である程度の収入が
    ある方(配当控除した方が不利な場合)であればインデックス
    ファンドの方が有利にならないのでしょうか?

  2. じゅん@ より:

    この件、他のブログのコメント欄でも最近話題になっていますが↓↓、確かにトータルコストではインデックスファンドも海外ETFに張り合うところまできていますね。
    http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1202.html#comment8813
    ただ、私が感じているのは、税制や特定口座など投資環境はあくまでオマケと言うか、この先なんとでも変化してしまうもので・・・
    やはり何十年と続ける長期投資なのだし、投信・ETFの商品設計の本質的なところ(この場合信託手数料)を見るべきではないかという気持ちが強いです。
    と言うわけで、今後リレー投資をどうするか悩ましいところです。

  3. 矢向 より:

    なんとなく、積み立てて年をとったら崩していけばよい?
    住宅を購入する時などに崩せばよい?
    位の感覚でETFへのリレーという言葉を、、、、、
    僕は使ったことがありません ><;
    日本にVTとか上場すればいいけど!

  4. 矢向 より:

    すいません、途中で投稿してしまいました。
    なので、STAMグローバル株式インデックスを買い続けています。

  5. じゅん@ より:

    >矢向さん
    ETF並みとは言わないので、せめて確定拠出年金専用ファンド並の信託報酬まで下がれば、私もリレー投資なんてしないのですが。