ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ

スポンサーリンク
 投資コラム(一般) 

「期待リターン」はともかく「リスク」と「相関係数」に関するの情報は2008年のリーマンショック前後で大きく違ってきます。

その為かどうかわかりませんが、リーマン・ショック後の新しい情報が得にくい現状です。

スポンサーリンク

GPIFデータ

「期待リターン」と「リスク」の公表データとしてGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の2014年7月現在で最新と思われる内容がこちら(平成25年6月基本ポートフォリオ変更時資料)。リーマン・ショック後のデータが含まれるようになっています

参照年金積立金管理運用独立行政法人の中期計画(基本ポートフォリオ)の変更

GPIF(1973年~2012年)データ

期待リターン リスク
国内債券 3.0% 6.5%
国内株式 4.8% 22.48%
外国債券 3.2% 12.90%
外国株式 5.0% 22.48%
短期資金 1.9% 3.59%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 0.199 1.00
外国債券 -0.025 -0.063 1.00
外国株式 0.001 0.494 0.577 1.00
短期資金 0.504 0.096 0.009 -0.022 1.00

KKR(国家公務員共済組合連合会)データ

KKR(国家公務員共済組合連合会)
基本ポートフォリオの見直しについて 附属資料(H25.10.18)

KKR (2003年~2013年)データ

期待リターン リスク
国内債券 1.0% 2.0%
国内株式 4.2% 18.0%
外国債券 1.8% 10.0%
外国株式 5.0% 20.0%
短期資金 0.1% 0.1%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.0
国内株式 0.0 1.0
外国債券 0.2 0.3 1.0
外国株式 0.0 0.7 0.5 1.00
短期資金 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0

ニッセイ基礎研究所データ

最後に、ニッセイ基礎研究所 ニッセイ基礎研REPORT2011年10月号より「下方リスクを重視した年金資産配分」イボットソン・アソシエイツが提供元のデータの様です。

ニッセイ基礎研究所 (2001年~2011年)データ

期待リターン リスク
国内債券 1.50% 2.01%
国内株式 5.00% 18.14%
外国債券 2.50% 9.66%
外国株式 5.00% 20.46%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 -0.31 1.00
外国債券 0.06 0.33 1.00
外国株式 -0.16 0.69 0.53 1.00

最適なアセットアロケーションの求め方

さて実際に、これらのデータを用いて最適なアセットアロケーションを求めるには、以下の山崎元氏のコラムが参考になります。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 投資コラム(一般) 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. 伝統的4資産だけでなく、大型株と小型株・為替ヘッジありとなし・国内外REIT・ハイイールド債・コモディティなどのデータ(相関係数・リスク等)も無料で手に入るよ

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-1065-1407120827.html
    相互リンクブログの「投信で手堅くlay-up!」さんが、「ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ(2014年7月)」で、国内外の…