投資ブログを参考にする際(書く際も)に注意するポイント

スポンサーリンク
 投資コラム(一般) 

最近はインデックス投資ブログの数も増えていますが、保有資産も数十万から数億と幅があり、リスク許容度もひとそれぞれ。

保有銘柄を公開しているケースがありますが、昔買った黒歴史の投信を保有している場合や、ブログネタの為だけに保有しているものもあります。

インデックス投資ブログに限った話ではありませんが、投資ブログの情報を参考にする際には、単純にその内容を受け取るのではなく、どういう人がどういう経験のもとに書いているのか注意が必要です。

ちなみに、相互リンク先の「ホンネの資産運用セミナー」さんで、インデックス投資ブロガーを分析した特集記事を書かれていますが、本当に多様となっています。

スポンサーリンク

投資ブログを参考にする際に注意するポイント

以下に、私が読み手として注意しているポイントを紹介しますが、逆に投資ブロガーとしてはこういう情報を出すと良いんじゃない?と思います。

<プロフィール>

私が新しい投資ブログを見つけた時にまず読むポイントは「プロフィール」のページです。著者がどういうバックグラウンドがあり、どいういったタイプの人物なのか。

  • ハンドルネーム
  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 資産規模(収入)
  • 職業(自営or会社員)
  • 賃貸or持ち家(ローンの有無)
  • 投資歴

上記のような個人の背景があり、さらに性格的な要素も加わって「リスク許容度」が構成され、実際のアセットアロケーションや保有銘柄として表現されています。他人がどういう投資をしているのかは気になるところですが、細かい各論に入る前にこれらのバックグラウンド情報を理解していなければ、参考になりません。

ちなみに私のプロフィールは右カラム上部の目立つところに示してあります (プロフィール詳細ページ)。あまり個人情報をさらしたくないので資産額まで明記はしませんが、詳細を読むとそれとなく人物像がわかるでしょうか?

<過去記事>

次に過去記事を容易に読める事がブログの良い点。

人の考えは経験を積んで変わっていくものです。過去記事をたどって行くと上記の「感情の移り変わり」の部分にも少し触れられる気がします。

特にリーマン・ショックを乗り切って来た投資ブログの過去記事は面白いですよ!当時の浮かれ具合とその後の感情の変化。

我が家は夫婦共働きで子供が居ないのでリスク許容度は高い方ですが、それでも住宅ローンを抱えての投資はダメ、生活防衛資金は最低2年分は必要と考えを改めたのはリーマン・ショックの経験が大きいです。

というわけで、古い投資ブログであれば、2008~2009年頃の過去記事を読んでみると面白いでしょう。

前向きな生活防衛資金
昨日発表された7月の完全失業率は5.7%と過去最高、正社員有効求人倍率は0.24倍と非常に厳しい雇用状況となっています(更なる悪化が予想されている)。私自身、勤務先の事業所閉鎖の決定により転職を余儀なくされましたが、必ずしも業績や本人のスキ

以上、「プロフィール」と「過去記事」について、保有投信やアセットアロケーションなどを参考にする前に是非チェックしてはどうでしょうか。

また現在これらの情報へアクセス出来ない状態のブログを書いている方は、是非記載すると良いのではないでしょうか。

コメント

  1. 管理人”フクリ”のプロフィール記事

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-1097-1501311308.html
    私のブログ『中長期投資de資産運用』へのご訪問ありがとうございます。
    私の簡単なプロフィールを知って頂いてから、ブログをお読みいただければと…