「 4.資産形成・家計 」一覧

インデックス投資ナイト2017は7月8日(土)渋谷で開催!

インデックス投資家の年に一度のお祭「インデックス投資ナイト2017」の開催が公式サイトで発表されました!

日時:2017年7月8日(土曜日) 18:00開演予定
場所:東京カルチャーカルチャー(渋谷)

投資関連の集まりにはなかなか参加できない私も、インデックス投資ナイトは土曜日開催という事で参加予定をしています。

ただし、毎年チケット争奪戦が激しく、受付開始と同時にアクセスしてもチケット確保が難しい

会場の東京カルチャーカルチャーがお台場から渋谷に移転したという事で、若干キャパは増えているのかな?
アクセスし易くなった事で、参加者希望も増える?

諸々含め、イベント内容の詳細はこれからの発表を待ちたいと思います。

>>この記事の続きを読む


資産形成のために意識する5つの要素

ごく一般のサラリーマンにとって資産形成は一朝一夕に成るものではありません。

毎月の給料からコツコツと積立を行いながら、複利の力を借りて増やすという以外に王道は無い訳です。

これを公式で表すと以下の5つの要素になります。

資産形成=Σ(収入-支出)+資産×運用利回り
  1. 収入:収入を増やす(減らさない)
  2. 支出:支出を減らす
  3. 資産:貯蓄する
  4. 運用利回り:投資で増やす
  5. Σ:時間を味方につける

投資に興味のある人達の間では「運用利回り」をいかに上げるかというところに話題が集まりますが、1要素に過ぎません。

我が家では、以下のように5つの要素を意識して資産形成を行っています。
>>この記事の続きを読む


2017年1Q リスク資産運用状況

今日から新年度ですね。
資産運用に関しては自動積立以外は何もしていませんが、四半期に一度定例の運用状況の確認を行います。

リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2017年1Q)の投資収益率は+2.14%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+20.1%となっています。(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。
>>この記事の続きを読む


低コスト投信への乗り換えタイミング

読者の方から投信の乗り換えについて下記のご質問を頂きました。
ネタの提供をありがとうございます。

私は、6年程前から主にインデックスファンドで運用しています。昨年には退職(年金はまだです)しましたので今は積立型ではなく、現状の資産を投資信託に預けている状態です。

そこで信託報酬に係る買い替えについて、お聞きしたいことがあります。6年前はインデックスファンドでも信託報酬が0.6%以上ありましたが、現在は0.2%以下のものも出てきました。

私も0.6%時の投資信託(日本株式ファンド等)をいくつか保有しています。直ぐにでもこちらを解約して低い信託報酬のファンドに買い替えた方が有利なのでしょうか? 

6年前の購入時は基準価格が低かったので解約がもったいない気持ちもあります。それとも購入時の基準価格は考慮しなくても良いのでしょうか?ご見解を頂けますと助かります。

ベストな選択は個人の事情(例えば今後の運用期間など)によると思いますが、一応、私だったらこう考えるという事でコメントさせて頂きます。
>>この記事の続きを読む


2016年末 リスク資産運用状況

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いいたします。

さて、年末に2016年の家計の決算報告を行いましたが、年末までのリスク資産の運用状況についても集計を行いました。

リスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2016年4Q)の投資収益率は+8.5%となりました。2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では+18.0%となっています(今期今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。
>>この記事の続きを読む


2016年家計の決算報告です

家計を上手くコントロールして資産形成を行う為には、大雑把でも良いので家計のストックとフローを夫婦で把握しておく事が一番重要だと思っています。

我が家では家計の財布は一つとし、夫婦の資産も妻の小遣い分を除き一元化して私が管理していますので、家計簿を付けるのは私の役割です。
そして毎年年末には家計の決算報告を行うのが恒例。

家計全体の収入(可処分所得)がこれ位で、年間にこれ位貯蓄出来ているとか、今年はこの費目に使い過ぎたのでもう少し抑えないととか、夫婦の金銭感覚をそろえておく機会としても活用しています。

収入・貯蓄編

給与・賞与収入 前年比 +0.1%
可処分所得 [総収入-(社会保険料+税金)] 前年比 +2.7%

私の給与は算定ルール変更によりマイナス。賞与も前年よりマイナス。
要求される仕事のレベル・量は上がる一方ですが、収入に繋がらないのは悲しいですな。
ただし、妻の方が頑張っており、家計収入としてはトントンになりました。

>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク