アセットアロケーションをお手本から考える

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

※当記事の内容はリーマンショックの直前2008年9月当時のアセットアロケーションに対する考えです。現在の状況とは異なることに留意下さい。

先の「アセットアロケーションはアートだ!」と言う記事でも書いたように、アセットアロケーションには答えがなく、ひとそれぞれと言う事なのですが、うちの場合は内藤忍氏のレシピがお手本に、山崎元氏の味付けも入って、我が家の味に調理されています。

先日、ブログ記事でご紹介した、マネックス証券オンラインセミナー"内藤忍の「資産設計塾」 海外ETF編"が昨夜、開講されました。内容は特に目新しいニュースがあった訳ではありませんが、充実した1時間の講義があっという間でした。相互リンク先の方々

内藤忍氏、山崎元氏のアセットアロケーションの考え

内藤忍氏の考える標準アセットアロケーションはBusiness Media 誠の下記インタビュー記事に、

山崎元氏の考えは、以下のブログ記事に良くまとめられています。

インデックスブロガーのアセットアロケーション

また、インデックス投資ブロガー御三家の方々も、最近の資産配分を公開されていますね。

現在の私のアセットアロケーションは、上記の方々や内藤氏の標準アセットアロケーションに比べると、債券比率が低いというのが特徴となっていますが・・・・

現在の私のアセットアロケーションの考え

健康で子供のいない共稼ぎ夫婦なので、リスクが取れるという事を大前提として、以下の様な考えを参考に造られてきた比率です。

元々、チャールズ・エリス著「敗者のゲーム」に書かれている、個人投資家への十戒の一つである下記の言葉に始まり、

「債券は元本、利息が安全だとかリスクが少ないと聞いて、債券に投資してはいけない。債券価格もほとんど株式と同様に変動するし、さらに債券は、長期運用にとって真のリスクであるインフレに弱い

-チャールズ・エリス-

山崎元氏の「外債」クラスに対する考え、

 「外債」というアセット・クラスをどうするかを少々考えたが、個人には不要だろう。
取引時の為替手数料や債券価格を考えると不利な商品(債券)が多く、外貨預金も同様に気が進まず、外債に投資する投信は手数料が高い。また、外株に投資したいので、外債でも為替リスクを取ると、個人にとって為替リスクが過大になる公算が大きい。「為替リスク枠」は外株に割り当てたい。

-山崎元-

また、住宅ローン残高があり、いわゆるレバレッジを効かせた状態なので・・・リターンのあまり見込めない債券に投資する位なら、返済に充てるべきだろうと。

アセットアロケーション(資産配分)は運用成果の8割以上を決めると言われる程重要なもので、先日のインデックス投資ナイトでも第3部のお題として盛...

アセットアロケーションに自分の味付けをしよう

と言うわけで、各人のアセットアロケーションは元になっている考え方も違えば、リスク許容も違います。

最初は他人のアセットアロケーションをお手本にして投資を始め、徐々に自分の味付けをしていけばよいと思うのですが、参考にする際には数字だけを見るのではなく、どういう理由・背景の下でそのような比率を取っているのか?を理解していなければ全く参考になりません。お手本にする際は注意を。

よく雑誌などでは、個人投資家のアセットアロケーションの数字だけがグラフで紹介される事が多いですが、これでは片手落ち。無意味だなぁといつも思っています・・・。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)