2007年3Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2007年3Qは、-3.1%(年初より+2.9%、累計+5.1%)。

世界的な株の急落など不安な場面もありましたが、結局トータルとしては想定している変動幅に入ってくるようです。慌てて売り(買いも)する必要は無く、淡々とバランスよく積み立てて行けば良いという事を改めて確認しました。

2007年9月末の配分
日本株35%、外国株57%(うちエマージング16%)、外国債券8%

銘柄 コスト 投資収益率(累計) 投資収益率(3Q)
TOPIX連動型上場投信(1306) 信0.1155% +1.7% -8.2%
個別株1 +9.4% -15.2%
個別株2 -22.7% -16.3%
個別株3 +5.1% +8.3%
SPY 0.0945% -6.0%
EFA 0.35% -5.7%
EEM 0.75% +17.5%
朝日Nvestグーバルバリュー株オープン(Avest-E) 販0%、信1.89% +19.4% -7.7%
PRU海外株式マーケットパフォーマー 販0%、信0.84525% +1.0% -0.6%
DIAM中国関連株式オープン(チャイニーズ・エンジェル) 販0%、信1.68% +122% +14.2%
HSBCブラジルオープン 販3.15%、信1.995% +60.1% +5.9%
中央三井外国債券インデックス 販1.05%、信0.735% +8.1% -1.7%

この通り、今期は完全にエマージング株(新興国株)に助けられています。昨年の下落時にはこのセクターは酷かったんですけどね。

日本株のオリジナルファンドは今期-9.7%(TOPIX ETF -8.2%)、TOPIX ETFの方は下がったところで追加投資している分、%で表すと有利になっているというのもあるのですが、2Qに続けてTOPIXに勝てません・・・やはりキーワードは「分散・インデックス」

アクティブファンドは順次ETFに切り替えて行く予定です。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)