2007年1Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2007年1Qは+2.7%(累計+8.2%)と全体的には想定通りの変動幅で来ています。個別で見ると中国株(香港)クラスの下落と長期保有の個別株の上昇幅が予定外なのですが、元々これらはおまけの部分なので、特にいじらずこのままいきます。
2007年3月末の配分
日本株54%、外国株32%(うちエマージング9%)、外国債券13%

銘柄 コスト 投資収益率(累積) 投資収益率(1Q)
TOPIX連動型上場投信(1306) 信0.1155% +7.9% +0.67%
個別株1   +16.9% +17.4%
個別株2   -0.9% -0.9%
中央三井外国株式インデックス 販1.05%、信0.84% +11.8% -5.2%
朝日Nvestグーバルバリュー株オープン(Avest-E) 販0%、信1.89% +17.7% +1.7%
PRU海外株式マーケット・パフォーマー 販0%、信0.84525% -2.2% -2.2%
DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル) 販0%、信1.68% +27.2% -18.9%
HSBCブラジルオープン 販3.15%、信1.995% +16.2% -0.6%
中央三井外国債券インデックス 販1.05%、信0.735% +6.2% -0.3%

アセットアロケーションとしては、昨年末と大きくは変わっていません。
今後は外国株クラスを増やす事で、外国債券クラスを相対的に少し減らそうかと思っています。
また、外国株ETFへの切り替えを考え、ソニー銀行での「中央三井外国株式インデックス」の定期積み立てを停止し、イーバンク銀行にて「PRU海外株式マーケット・パフォーマー」の購入を始めました。
リレー用の外国株ファンドをどうするかは、各人に色々な選択があると思いますが、リレー時の送金の利便性を重視しイーバンク銀行での「PRU海外株式マーケット・パフォーマー」を選択しました。
今期は、車の買い替えなど出費があり、2月末の株安時にもあまり追加購入していませんが、しばらくは定期購入のみでのんびり行きたいと思います。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)