海外ETFから撤収しインデックスファンドに移行しました!

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

表題の通り、海外ETFをすべて売却し、インデックスファンドへ変更しました。

これまで海外ETF(特にVT)に投資していましたが、結構前からなんとなくスッキリしない迷いがありました。1年程前には、水瀬さんのブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」でも以下の様に海外ETFからの撤退記事が大きな話題となっています。

参考老舗インデックスブロガーが海外ETF派から国内ETF派へ。さて自分はどうするか?(その1)

私自身は2010年4月以降は海外ETFの新規購入(リレー投資)を止めていました。今回、海外ETFの特定口座対応のニュースを受け、本来海外ETFがさらに使いやすくなると喜ぶところなのですが、投資対象を海外ETFからインデックスファンドとする事としました。


私が海外ETF卒業を決断した理由

最大の理由は「海外ETFの管理が面倒になった」に尽きます。

私にとって投資は趣味でも仕事でもなく、資産形成の手段でしかありません。完全放ったらかしでお金に働いてもらうのが理想です。これまで8年弱、あれこれとやってきましたが、インデックスファンドの自動積立というスタイルが自分には一番合っていると思います。

職場で管理職となってからは仕事の事を考える時間が昼夜を問わず増えていますので、残った限られた時間を何に使うかとなると、ザラ場を見て米ドルやETFの指値注文を出してというのはこの先やってられないなと。。。

第一、1日の値動き幅を考えると、指値を失敗しただけで信託報酬差なんて簡単に吹き飛びます。

配当(分配金)の取扱いの手間

海外ETFがようやく特定口座に対応したとは言え、無分配が基本のインデックスファンドと異なりETFは年間1〜4回と頻繁に出る分配金の再投資を自分でやる必要があります。

EFTは投資信託と異なり、特別分配金の仕組みがありませんので配当の損益通算には確定申告が必要となります(投信では個別元本からの払い戻し部分、つまり含み損の時の分配金は自動的に非課税になりますが、etfは自分が含み損だろうが配当に課税されてしまいます)。

取り崩し期の問題

また、最大の不安要因は歳をとって取り崩す際に自分は元気にネットで取引ができるのか?歳取ってから手作業でアセットアロケーションを維持しながら取り崩すなんて無理じゃないか?(うちは子供が居ないので誰かを頼るにも他人になります)。

投資信託であれば定期売却サービスがあり、年金の様に毎月一定額を取り崩す事が出来ます。

リタイア後にどの様に投信を取り崩すかという問題は実は大事な話なのですが・・・まだ当分先の話だからとこれまであまりきちんと考えていませんでした...

直接的なコスト(信託報酬)は確かに海外ETFや個別株が安いけれど、将来取り崩す時のことまで考えるとインデックスファンドの方がシンプルでいいじゃない?

もっと言えば、バランスファンド1本で管理できるのが本当は理想です。

低コストインデックスファンドの登場

ニッセイ外国株式インデックスファンドが信託報酬率0.20%(税抜)で登場した事の影響も大きいです。

これは同じMSCIコクサイ指数に投資する海外ETFの「TOK」のExpense ratio 0.25%を下回る値です(注:expense ratioは信託報酬以外のコストも含む)。

という訳で、海外ETFの特定口座対応で海外ETFが再注目されている世の中の流れとも逆行しますが、既に全ての海外ETFの売却を終え、インデックスファンドへの再投資を行いました。

今後、インデックス投資が一般化するにつれて、海外ETFというマニアックなツールよりも通常の投資信託が多くの人に選択されるようになると信じています。

今やバンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)も投資信託として購入出来るようになりましたし、新興国株式インデックスファンドも信託報酬0.2%を切る時代です。

2017年9月29日に新規設定された「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(通称楽天VT)」ですが、早速、楽天証券の週間積立てランキングで...
つい先日までは、新興国株式インデックスファンドは0.5%台の信託報酬率で安いとされていました。 今回、三菱UFJ国際投信の「eMaxi...
スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)