2011年2Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

早いもので、もう今年も半分が経過しました。久しぶりに保有投信の運用状況をチェックしておきます。

我が家のリスク資産ポートフォリオ全体の直近3ヶ月(2011年2Q)の投資収益率は-2.4%。年初来では+1.27%、2006年2月にリスク資産への投資を開始して以来の累計では-14.7%となっています。
(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)

なかなか、金融危機の傷からTotalでプラス圏に上がってこれませんが、それでも一番酷かった2009年2月(-46.6%)を考えると良くここまで回復したものです。

現在のリスク資産の配分は、日本株12%(EFA, VTの日本株部分を含む)、外国株46%(先進国株25%、新興国株21%)、日本債券35%、外国債券7%

なおこれらリスク資産とは別に、生活防衛資金をとして家計支出1年分を期間長めの定期預金にキープしたうえで、安全資産(流動性資金と定期預金)も毎月積み増しています。

現在のポートフォリオは以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

日本債券

外国債券

銘柄は新たに個人向け国債変動10年が加わっています。
自分の力でコントロール出来る要因(特に長期にわたって確実に支払う信託報酬コスト)を第一に重要と考えて、この様な銘柄選択となっています。

各ファンドを自動積立し、まとまった額(だいたい1銘柄につき100万円以上)となったところでVTを中心とした海外ETFにリレーしていますが、最近のインデックスファンドの低コスト化や国内上場ETFの多様化により、必ずしも海外ETFが良いかどうかはわかりません(次のリレー投資タイミングは来年以降なので、その時の状況を見て考えますが、リレーをやめる可能性も)。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)