インデックスファンド信託報酬率のまとめ(2011年7月)

スポンサーリンク

昨年、STAMインデックスファンドシリーズが信託報酬率を引き下げた際に、その他のインデックスファンドを含めた信託報酬率のまとめを作成していますが、最近はどうなの?とコメントを頂きましたので、現状をまとめておきます(販売手数料はネット証券ではいずれも無し)。

資産クラス STAM eMAXIS CMAM Funds-i
国内株式(TOPIX) 0.4725% 0.42% 0.3885% 0.42%
国内株式(日経225) 0.42%* 0.42%* 0.42%*
国内債券 0.42% 0.42% 0.3885% 0.42%
先進国株式 0.63% 0.63% 0.525% 0.5775%
先進国債券 0.5775% 0.63% 0.525% 0.5775%
新興国株式 0.6825% 0.63% 0.63%
新興国債券 0.63% 0.63% 0.63%
国内REIT 0.525% 0.42% 0.42%
先進国REIT 0.6825% 0.63% 0.5775%
全世界株式 0.63%

*ニッセイ日経225インデックスファンドが信託報酬0.2625%

 

野村AMのFunds-iは昨年11月設定の最後発で、STAMとeMAXISを意識した信託報酬率が設定されていますが、私個人としてはサービスの継続性を懸念しているので当ブログではこれまで取り上げていません。

野村がこんな儲からない分野に力を入れる訳は無いのでしょうが、実際のところ純資産額も1億円にも満たないものがほとんどとなっているようです。

そんな訳でFunds-iは購入対象外で検討を行っていませんが、私は明示されたコストがほぼ最安のCMAMシリーズを中心に自動積立てを行っています(品質には差の付きにくいインデックスファンドですので実際はどれでも大差無いか?)。

 

サービスの継続性と言えば、どのファンドも生涯にわたって運用されるかどうか判りません。ハッキリ言って、現状ではインデックスファンド単品では運用会社も販売会社も儲けは出ていないでしょう。

中途償還となって強制的に換金するのはもう嫌だというのが、より規模の大きく安定的な海外ETFへのリレー投資を行っている理由の一つです。

ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク
 インデックスファンド 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. ほしママ より:

    Funds-i、私も継続性には疑問を持ちますね・・・。CMAMくらい信託報酬率を下げていたら多少は売れていたのでしょうが、現状では他のインデックスファンドから乗り換えるだけの魅力はないですから、純資産額は増えそうもない気がしますね・・・

  2. 匿名 より:

    新興国株は、eMAXIS、先進国株はCMAMを買っています。
    まずは見た目のコストで対応、野村のFunds-iは、一切買っていないし見向きもしていません。

  3. じゅん@ より:

    信託報酬コストは上図のようになっていますが、実際に今後どのブランドが伸びてくるかは、販売チャンネルをどれだけ増やせるか?という点も大切だと思います(そこがCMAMインデックスeシリーズの弱みかも・・・)。
    その点STAMはかなり頑張っているんですよね(銀行での取り扱いも増えています)。
    今後の動向も注目です。

  4. eMaxis新興国債券インデックスファンドがありますね。
    信託報酬は0.63%です。
    表をみて純資産残高の比較表が欲しくなったので、作ってみます!

  5. じゅん@ より:

    >せきゅあどっぐさん
    ありがとうございます。表を修正しました。
    純資産残高の比較に加えて、マザーファンドの規模もまとめると良さそうですね。