2010年1Q 運用状況

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

2010年1Qまでのリスク資産の運用状況を集計しました。

2010年1Qの投資収益率は+4.4%。リスク資産への投資開始以来の全ての累計では-20.8%となっています。
(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、既払手数料・税等込み)。

先日の記事「家計のバランスシートの見直し」でも書きましたが、今期は住宅ローンの繰上完済を実行した為に、保有ファンドの一部(昨年末評価額の25%程度)を売って現金化しました。

この分は、投資元本から除いて計算していますので、分母が小さくなった分、投資収益率で表すと、累計では前期末よりも見かけ上マイナスが大きくなっています。金額自体では損が減っているんですけどね。

リスク資産の配分は、日本株35%(EFAの日本株部分を含む)、外国株65%(うち新興国株18%)

この配分は一時的なもので、今回ローン完済で大きく減らした現金・預金とのバランスを考えながら再構築をと思っています。が、具体的に目標アセットアロケーションをどうするかじっくりと考える時間が取れていません。

どのみち、手元の現金・預金を回復する事が先なので、ボチボチ時間をかけてやって行きます。投信の積立だけは、少額からでも早いうちに再開しようと思っていますが。

現在のポートフォリオは以下の通り。
海外ETFは売買や為替の手数料がかさむ事もあって売却せずに残っています。
結果的にここだけBuy&Hold。これって良いのだか悪いのだか・・・
本当は機会をみて、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)に集約してしまいたいのですが。

日本株

外国株

新興国株

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)