アセットアロケーションはアートだ!

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日、ブログ記事でご紹介した、マネックス証券オンラインセミナー”内藤忍の「資産設計塾」 海外ETF編”が昨夜、開講されました。

内容は特に目新しいニュースがあった訳ではありませんが、充実した1時間の講義があっという間でした。

相互リンク先の方々も感想をUPされていますので参考になるかと思います。


理想のアセットアロケーションとは?

さて、セミナーの中で「理想のアセットアロケーションとは?」という内容で、橘玲氏、勝間和代氏、澤上篤人氏、(あと内藤氏本人)が推奨するアセットアロケーションについて語られました。

橘氏の、世界株価時価総額に基づいた外国株90%(日本株10%)、勝間さんの株・債券へのバランス良い4分法、澤上氏の日本株100%と、三者三様な訳ですが・・・

結局、皆さんそれぞれに主張があり、どれが正解とは言えないのでしょう。

アセットアロケーションにはサイエンスも重要だが、最終的にはアートの世界だ!」という内藤氏の言葉が印象的でしたが、そこが難しくもあり、面白いところなんでしょうね。

アセットアロケーションがリターンの8割を決定すると言われる訳ですし、理想のアセットアロケーションについて、私も再度考える時間を割いても良いなと感じました。

アセットアロケーション(資産配分)は運用成果の8割以上を決めると言われる程重要なもので、先日のインデックス投資ナイトでも第3部のお題として盛...

ちなみに、今日現在の私のアセットアロケーション(リスク資産のみ)は、下図の様な感じになっています。
債券は外債を僅かに組み入れていますが、国内債券は無し。一応これで想定リスクの過去データからは、私の許容範囲にあると考えては居ますが、実際この先どうなるかは判りません。結局最後はセンスが問われると言う事で。ぼちぼち調節しながらやって行きたいと思います。

アロケーション.gif

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)