ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ

資産配分(アセットアロケーション)を考える際に、各資産クラスの「期待リターン」と「リスク(ばらつき)」がどの程度か?を知っておくことが重要です。

ウェルスナビのような資産運用サービスでは、リスクが同じで最も期待リターンが高い資産配分(最適ポートフォリオ)を提案してくれるのですが、実は個人でもエクセルの「ソルバー」というアドイン機能でも簡単に最適化の計算が出来ます。

ちおなみにリーマン・ショックを含まない古いデータでは結果がかなり異なります。2020年2月現在、公表されている「期待リターン」と「リスク」のデータについて、最新の情報にまとめを更新しました。

スポンサーリンク

期待リターンとリスクの考え方

期待リターンとリスク、相関係数のデータは、どの期間を取るのか、あるいは何を指標として集計するか(例えば外国株式は先進国だけ?新興国も含むのか?)で変わってきます。

一般には、例えば外国株式の期待リターンは大体年率5%くらいと言われているんだな、で、リスク(標準偏差)が20%もあるから、良いときも悪いときもあり、プラスマイナス40%(標準偏差✕2に95%の確率で収まる)くらいバラつくのが、常識的な値なんだなという理解ができれば十分だと思います。

ただ、もう少し踏み込んで、資産配分(アセットアロケーション)の最適化に興味をもったら、以下の山崎元氏のコラムを参考に、自分でも一度計算してみてください。

GPIFデータ

「期待リターン」と「リスク」のデータとしてまず有用なのが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のものです。

2014年10月に基本ポートフォリオを変更しており、リーマン・ショック後のデータが含まれるようになっています

参照年金積立金管理運用独立行政法人の中期計画(基本ポートフォリオ)の変更 (2014年10月30日)

GPIF 2014年 (平成26年) データ

期待リターン リスク
国内債券 2.0% 4.7%
国内株式 5.2% 25.1%
外国債券 3.5% 12.6%
外国株式 6.2% 27.3%
短期資金 1.0% 0.5%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 -0.16 1.00
外国債券 0.25 0.04 1.00
外国株式 0.09 0.64 0.57 1.00
短期資金 0.12 -0.10 -0.15 -0.14 1.00

期待リターンは経済中位ケースと市場基準ケースの2つの値が示されていますが、上記ではより厳しい市場基準ケースを記載しました。なお、名目賃金上昇率を加味した名目リターンとなっています。

KKR(国家公務員共済組合連合会)データ

KKR(国家公務員共済組合連合会)は国家公務員の年金に関する業務を行っている機関です。

参照基本ポートフォリオの見直しについて 附属資料(H25.10.18)

KKR 2013年 (平成25年) データ

期待リターン リスク
国内債券 1.0% 2.0%
国内株式 4.2% 18.0%
外国債券 1.8% 10.0%
外国株式 5.0% 20.0%
短期資金 0.1% 0.1%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.0
国内株式 0.0 1.0
外国債券 0.2 0.3 1.0
外国株式 0.0 0.7 0.5 1.00
短期資金 0.0 0.0 0.0 0.0 1.0

ニッセイ基礎研究所データ

ニッセイ基礎研究所

ニッセイ基礎研REPORT2011年10月号より。データ提供元はイボットソン。

参照下方リスクを重視した年金資産配分

ニッセイ基礎研究所 (2001年~2011年)データ

期待リターン リスク
国内債券 1.50% 2.01%
国内株式 5.00% 18.14%
外国債券 2.50% 9.66%
外国株式 5.00% 20.46%

相関係数

国内債券 国内株式 外国債券 外国株式 短期資金
国内債券 1.00
国内株式 -0.31 1.00
外国債券 0.06 0.33 1.00
外国株式 -0.16 0.69 0.53 1.00

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村

おすすめ記事

 投資コラム(一般) 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
じゅん@

40代会社員、既婚子なし、共働き。2006年から貯蓄と並行して低コスト インデックス投資信託のつみたて投資を行って15年目。インデックス投資ブログを書き始めたのも同時期で、このブログとともにリーマンショックも乗り越えてきました。

Twitter・RSSを購読する
投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. 伝統的4資産だけでなく、大型株と小型株・為替ヘッジありとなし・国内外REIT・ハイイールド債・コモディティなどのデータ(相関係数・リスク等)も無料で手に入るよ

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-1065-1407120827.html
    相互リンクブログの「投信で手堅くlay-up!」さんが、「ネットで入手可能な、期待リターンとリスク、相関係数データ(2014年7月)」で、国内外の…