2009年1Q 運用状況

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

2009年1Qの投資収益率は-6.5%(今期末評価額÷(前期末評価額+今期投資額)で算出、手数料・既払税等込み)、累積で-43.9%となっています。

資産配分は、日本株32%、外国株55%(うちエマージング11%)、外国債券8%、外国REIT 4%

前回2月にチェックした際と比べると、パフォーマンスは若干回復していますが、このまま一本調子で回復するとは思えません。引き続き、こつこつと積み立てたい。

スポンサーリンク

現在のポートフォリオ(構成比率)は以下の通り。

日本株

外国株

新興国株

外国債券

外国REIT

FWF エマージング・マーケット・ファンド」が解散(償還)と決まってしまいましたので、すぐに解約しました。「STAM新興国株式」へ全額乗り換えるつもりでしたが、最近の急騰がなんとなく気持ち悪く、未実施のままとなっています。

次回のインデックスファンドよりETFへのリレー投資は、日本株クラス以外はまだ当分先です。日本株クラス(TOPIX ETF)については、SBI証券の手数料体系の変更がありましたので、約定代金20万円弱でリレーに変更しようと思います(手数料率としては10万円でも良いですが、頻繁だと面倒と言う気持ちの方が大きい)。

そんな感じの近況でした。

スポンサーリンク

この記事がお役に立ちましたらシェアして下さい

おすすめ記事

おすすめ記事