「 バランスファンド 」一覧

バランスファンド リスク・リターン比較まとめ(2017年5月版)

バランスファンドのリスク・リターン情報を前回まとめてから1年が経過していました。情報をアップデートしておきます。

ここ最近のバランスファンドの注目はやはり、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が信託報酬0.22%の超低コストで登場した事ですが、まだ運用実績が無い為、今回のまとめには含んでいません。

これまでバランスファンドのコスト競争の進行は遅かったのですが、三菱UFJ国際投信より信託報酬0.22%(税抜)のeMAXIS Slimバラン...

下表のバランスファンドの選定基準は、インデックス型であり、ノーロード(購入手数料無料)かつ信託報酬など維持費用が低コストのもののうち、1年以上の運用実績がある6ファンドです。

項目 セゾンバンガードGBF SBI資産設計(育成) 世界経済インデックス eMAXIX(均等) eMAXIS(波乗り) ニッセイ・4資産
運用管理費用(税込) 0.5076%
実質0.68%
0.7344% 0.5400% 0.5400% 0.5400% 0.3672%
信託財産留保 0.1% 0.15% 0.1% 0.15% 0.15% なし
純資産額(億円) 1335↑ 253.9↑ 295.2↑ 215.2↑ 36.5↑ 14.0
トータルリターン
(年率換算)
1年 6.86 5.08 8.55 6.40 5.16 6.92
3年 4.89 6.27 3.84 5.77 4.08
5年 11.02 11.68 9.61 10.88 10.09
標準偏差
(年率)
1年 11.96 9.05 9.82 8.32 7.64 9.24
3年 11.17 9.44 11.25 9.78 8.40
5年 11.40 10.25 12.02 10.83 10.26

※「モーニングスター」より本日現在のデータを当ブログで加工
>>この記事の続きを読む


eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)信託報酬0.22%の低コストで登場

これまでバランスファンドのコスト競争の進行は遅かったのですが、三菱UFJ国際投信より信託報酬0.22%(税抜)のeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の設定がアナウンスされました(5月9日設定)。

手間をかけない放ったらかし投資を理想としながら、バランスファンドはコストが高いからと敬遠してきた方も、このレベルの信託報酬で、既存ファンドそのままにコストを下げた商品とくれば選択肢に入ってくるのではないでしょうか

ファンドの内容は日本を含む世界各国の株式、債券、REITの8資産に均等分散するタイプで、既存の「eMAXISバランス (8資産均等型)」と中身は同じ。

つまり、既存のeMAXISバランスと同じマザーファンドに投資するが、信託報酬を年率0.5%(税抜)から0.22%(税抜)に下げ、信託財産留保額も0.15%を設定なしに変更した商品。

運用成績は既存の「eMAXISバランス (8資産均等型)」が参考になります。

三菱UFJ国債投信のeMAXISインデックスファンドシリーズの運用報告書が更新されています。 これからeMAXISシリーズを購入する人...

>>この記事の続きを読む


eMAXISバランス(8資産均等型) (波乗り型)運用報告書(2017年3月)

三菱UFJ国債投信のeMAXISインデックスファンドシリーズの運用報告書が更新されています。

これからeMAXISシリーズを購入する人は、同じ運用方針でコストの安い「eMAXIS Slim」の方をお勧めしますが、Slimの設定の無いバランスファンド(8資産均等型及び波乗り型)について運用報告書の内容を確認しておきましょう(追記:2017年5月9日にeMAXIS Slimバランスが設定予定です)

この2ファンドは日本を含む世界各国の株式、債券、REITの8資産に分散投資するタイプのもので、投資対象は同じマザーファンドですが、均等配分かトレンドフォロー戦略を取るか(直近に良好な運用成績を記録した資産は、一定期間好調なパフォーマンスが継続するという仮説に基づく)という違いがあります。

なお、eMAXISバランスには更に4資産均等型と最適化バランスがありますが、今回割愛します。
>>この記事の続きを読む


世界経済インデックスファンド 第8期運用報告書(2017年1月)

「世界経済インデックスファンド」は国内外の株式・債券に投資する低コストバランスファンドの代表的ファンドの一つで、6資産分配型となっています。設定当初より私の妻が購入しているものです。

今ならiFree8資産バランスファンド(信託報酬税抜0.23%)などより低コストの選択肢があり、世界経済インデックスファンドはあまり話題になりませんが、今でも安定して資金が入っています。

先日、第8期の運用報告書がアップされましたのでざっと内容を確認してみましょう。

>>この記事の続きを読む


バランスファンド リスク・リターン比較まとめ(2016年4月版)

※データを更新した2017年5月版の記事があります。

バランスファンドのリスク・リターン情報を前回まとめてから半年が経過していますので、アップデートしておきます。

下表のバランスファンドの選定基準は、ノーロード(購入手数料無料)で信託報酬など維持費用が低コストのもののうち、1年以上の運用実績がある6ファンドです。データは「投信まとなび」より本日現在のものを参照しています。

今回から「マネックス資産設計ファンド< 育成型>」を外し、「SMT インデックスバランス・オープン」を追加しました。
>>この記事の続きを読む


eMAXISバランス(8資産均等型) (波乗り型)運用報告書(2016年3月)

三菱UFJ国債投信のeMAXISインデックスファンドシリーズの運用報告書が出ています。
代表的なバランスファンドである8資産均等型及び波乗り型について内容を確認します。

この2ファンドは日本を含む世界各国の株式、債券、REITの8資産に分散投資するタイプのもので、投資対象は同じマザーファンドですが、均等配分かトレンドフォロー戦略を取るか(直近に良好な運用成績を記録した資産は、一定期間好調なパフォーマンスが継続するという仮説に基づく)という違いがあります。
>>この記事の続きを読む


スポンサーリンク