ハイブリッド預金口座(住信SBIネット銀行)開設の勧め

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

先日、SBI証券でのMRF廃止(2011年6月中頃)が決定した事で、今後は「預り金」となり金利が付かなくなります。

その代わりに、住信SBIネット銀行の「ハイブリッド預金口座」の開設が促されていますが、当ブログのリンク先を見ていても新たにネット銀行口座を開設する事に躊躇している方が多いようですね。

以前よりハイブリッド預金を利用している者としては、SBI証券ユーザーで未だハイブリッド預金口座を作っていない人がそんなに居るとは意外でしたが・・・口座開設はオンラインで1日で出来る作業(SBI証券からの手続きで書類提出も不要)ですので手間でもなんでもない。悩むより口座を作ってしまった方が早いですよ。

ハイブリッド預金をMRFと比べた際のデメリットは殆ど無いと思いますが、思い当たるのは下記くらいでしょうか。

  • 破綻時に1000万円以上は保証されない事(MRFは分別管理で全額保証)
  • 金利を下げられる可能性がある事(現状はハイブリッド>野村MRFですが)
  • 18歳未満は住信SBIネット銀行口座開設不可(SBI証券は未成年口座が作れるのですが)

基本的にMRFと使い勝手は同じですので、ハイブリッド預金である事を意識する必要はありません。
従来通り、SBI証券へ入金すると買付余力に反映され、自動的にハイブリッド預金に移されます。また、SBI証券で何か買い付けると、自動的にハイブリッド預金から差し引かれます。

SBI証券ユーザーが住信SBIネット銀行口座を開設するメリットとしては、ハイブリッド預金の金利が良いという事が第一に挙げられますが、その他にも銀行⇔証券口座間の資金移動が楽になります。

証券口座からの出金先は事前に登録済みの口座に限られていますが、住信SBIネット銀行は他行への振込みが月3回まで手数料無料ですので、ハイブリッド預金口座から普通預金口座へ振替操作(即時完了)することで、どの口座へも簡単に移動できます(セキュリティ面からは好ましくないのですが)。

その他に住信SBIネット銀行のメリットとしては、外貨預金の為替コストが低い点。例えば米ドルの為替コストは現在1米ドルあたり9銭、1ユーロあたり15銭(SBI証券の為替取引は1米ドルあたり25銭、1ユーロあたり80銭)。

そして、ここの米ドルはSBIカードのドル決済に充当できるので、為替コストを抑えて海外ネットショッピングを楽しむといった使い方も可能ですよ。

スポンサーリンク

この記事がお役にたちましたらシェアしてもらえると嬉しいです。

フォローする

おすすめ記事

おすすめ記事(一部広告を含む)