たわらノーロードシリーズ第2期運用報告書 (2017年10月)

スポンサーリンク

低コストインデックスファンドのたわらノーロードシリーズが10月12日に決算をむかえ運用報告書がwebにアップされました。

内容をチェックしておきます。

スポンサーリンク

実質的なコストについて

運用報告書を読む際には、無駄に手数料等コストを払っていないかをまず確認します。

事前に決まっている信託報酬コストの他に、事前にはわからないその他コスト(売買手数料、保管費用等)が大きく嵩んでいる場合があります。

ファンド名 信託報酬率 信託報酬 その他コスト 概算実質コスト(年率換算)
日経225 年率0.2106%(税込) 21円 1円 0.218%
TOPIX 年率0.1944%(税込) 11円 0円 0.112%(年率0.1979%)
国内債券 年率0.162%(税込) 17円 0円 0.164%
先進国株式 年率0.243%(税込) 26円 3円 0.281%
先進国株式(ヘッジあり) 年率0.243%(税込) 27円 5円 0.297%
先進国債券 年率0.216%(税込) 2円 0.233%
先進国債券(ヘッジあり) 年率0.216%(税込) 121円 1円 0.236%
新興国株式 年率0.5346%(税込) 65円 27円 0.760%
国内REIT 年率0.324%(税込) 34円 0円 0.328%
先進国REIT 年率0.378%(税込) 38円 12円 0.501%
先進国REIT(ヘッジあり) 年率0.378%(税込) 22円 8円 0.285%(年率0.489%)
NYダウ 年率0.137%(税込) 14円 16円 0.296%(年率0.507%)

先進国株式の実質コスト0.281%というのは他ファンドと比べて素晴らしい値です

また、新興国株式も0.760%と前年よりもコストを抑えており期待に答える結果となっています

さらにこれらのファンドの内9本の信託報酬は2017年12月30日付で引き下げが予定されていますのでありがたい!!

参照プレスリリース「「たわらノーロード」の信託報酬を一部引き下げ

その他、運用期間が1年に満たないファンドは年率換算のトータルコストを当ブログで概算計算し記載しています。

ベンチマークとの乖離について

<たわらノーロード 日経225>
今期の騰落率は+26.3%(ベンチマーク+24.4%)
ベンチマークとの差異は配当金要因(ベンチマークは配当を含まず)。

<たわらノーロード TOPIX>
今期の騰落率は+10.7%(ベンチマーク+10.6%)
ベンチマークと概ね連動しています(ベンチマークは配当込み)。

<たわらノーロード 国内債券>
今期の騰落率は-1.5%(ベンチマーク-1.3%
ベンチマークと概ね連動しています(ベンチマークは配当込み)。

<たわらノーロード 先進国株式>
今期の騰落率は+32.5%(ベンチマーク+33.1%)
ベンチマークと概ね連動しています(ベンチマークは配当込み)。

<たわらノーロード 先進国株式(ヘッジあり)>
今期の騰落率は+17.6%(ベンチマーク+18.7%)
設定当初マザーファンドを保有していないこと、信託報酬、配当課税要因を除くとほぼ連動しています。

<たわらノーロード 先進国債券>
今期の騰落率は+10.8%(ベンチマーク+10.9%)
信託報酬の影響を除くとベンチマークと概ね連動しています。

<たわらノーロード 先進国債券(ヘッジあり)>
今期の騰落率は-3.8%(ベンチマーク-3.7%
債券時価及び為替レートが異なることや信託報酬の影響を除くとベンチマークと概ね連動しています。

<たわらノーロード 新興国株式>
今期の騰落率は+36.3%(ベンチマーク+37.4%)
為替評価のレートが異なるほか、信託報酬及び配当課税の影響と説明されています。

<たわらノーロード 国内リート>
今期の騰落率は-5.2%(ベンチマーク-5.0%
ベンチマークとの差異は信託報酬要因と説明されています。

<たわらノーロード 先進国リート>
今期の騰落率は+16.8%(ベンチマーク+18.0%)
為替評価のレートが異なるほか、信託報酬及び配当課税の影響と説明されています。

<たわらノーロード 先進国リート(ヘッジあり)>
今期の騰落率は+3.9%(ベンチマーク+4.4%)
為替評価のレートが異なるほか、信託報酬及び配当課税の影響と説明されています。

<たわらノーロード NYダウ>
今期の騰落率は+12.4%(ベンチマーク+11.4%)
マザーファンドには配当金が計上されたのに対し、ベンチマークは配当を含まないことによる差異。

現在私はたわらノーロード 先進国株式を積立てていますが、もちろん継続する予定です。

第3期の運用報告はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援をありがとうございます。
 インデックスファンド 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください