CMAMインデックスeシリーズ第二期運用報告書

スポンサーリンク

私が積み立てているCMAMインデックスeシリーズですが、先日2回目の決算を迎え、運用報告書が出揃いました。

  • CMAM日本株式インデックスe 運用報告書
  • CMAM日本債券インデックスe 運用報告書
  • CMAM外国株式インデックスe 運用報告書
  • CMAM外国債券インデックスe 運用報告書

他ファンドとの直接比較は評価期間が異なる為難しいのですが、CMAMインデックスeは信託報酬+その他コストのトータルコストは非常に低く抑えられている反面、ベンチマークからの乖離がやや大きいのかな?という印象を受けました。。。(参考:STAMインデックスシリーズ最新運用報告書)

追記(3/11):コメント頂きましたが、ベンチマークに配当を含むか否かが各社で異なっていますので、比較には注意が必要です。

運用報告書の概要は以下の通り。

CMAM日本株式インデックスe 運用報告書より

1.運用実績

今期(第2期)の騰落率は-16.5%(ベンチマークのTOPIX配当込みは -15.5%

ベンチマークとの下方乖離(-1.0%)を生じた主な要因はキャッシュ要因及び信託報酬(年率0.3885%)によるもの。分配金は0円。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 33円
売買委託手数料 0円
保管費用等 0円
合計 33円

円未満四捨五入と言うことで、信託報酬以外のコストはゼロとなっています。

3.売買の状況
設定 991,176千口(714,057千円)
解約 255,713千口(186,775千円)

CMAM日本債券インデックスe 運用報告書より

1.運用実績
今期(第2期)の騰落率は+2.1%(ベンチマークのNOMURA-BPI総合は+2.5%)

ベンチマークとの乖離(-0.4%)は信託報酬要因(信託報酬率0.3885%)との事。分配金は0円。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 40円
売買委託手数料 0円
保管費用等 1円
合計 41円

保管費用1円と出ていますが、円未満の四捨五入の影響大ですので、これをもって他のインデックスファンドとの比較は難しいでしょう。

3.売買の状況
設定 653,409千口(640,786千円)
解約 245,790千口(291,025千円)

CMAM外国株式インデックスe 運用報告書より

1.運用実績
今期(第2期)の騰落率は-8.3%(ベンチマークのMSCIコクサイ指数は -7.1%

ベンチマークとの乖離(-1.2%)は信託報酬及び為替評価要因との事。分配金は0円。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 48円
売買委託手数料 0円
保管費用等 5円
合計 54円

信託報酬率(0.525%)より、その他費用(保管費用等)を加えた今期の実質の保有コストを概算すると、おおよそ0.591%。前期に続き今期もコストは良くおさえられています。

3.売買の状況
設定 3,780,452千口(3,520,571千円)
解約 961,897千口(893,981千円)

CMAM外国債券インデックスe 運用報告書より

1.運用実績
今期(第2期)の騰落率は-0.4%(ベンチマークのシティグループ世界国債インデックスは+0.6%)

ベンチマークとの乖離(-1.0%)は信託報酬及び為替評価要因との事。分配金は0円。

2.諸費用明細(1万口当たり)
信託報酬額 47円
売買委託手数料 0円
保管費用等 3円
合計 50円

信託報酬率(0.525%)より、その他費用(保管費用等)を加えた今期の実質の保有コストを概算すると、おおよそ0.559%。その他のコストが低く抑えられています。

3.売買の状況
設定 533,726千口(795,316千円)
解約 128,016千口(190,521千円)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援をありがとうございます。
 インデックスファンド 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. リージン より:

    CMAMeの株式関係のファンド(日本株式、外国株式)では他の会社のファンドと異なり、ベンチマークが配当込みの指数であることに注意してください。 たとえばCMAM外国株式eの騰落率が-8.3%で、MSCI指数が-7.1%なので、ベンチマークより1.2%悪いように見るのはかわいそうです。 MSCIコクサイ指数で配当有り無しでは2.5%の差があるので、他社の表記法ではベンチマークを1.3%オーバーしていることになります。
    私としては株式関係のファンドは、債券、REITのファンドと同様に、すべて配当込みの指数をベンチマークにすべきと思います。

  2. じゅん@ より:

    >リージンさん
    コメントありがとうございます。
    今回運用報告書内容の紹介と言うことで、他社との比較をまじめに考えていませんでしたが、確かにCMAMはベンチマークに配当を含んでいるので、注意が必要ですね。
    CMAM、STAM、eMAXISインデックスFの外国株式クラスのパフォーマンスの直接比較はNightWalkerさんが記事にされていていますがCMAMは優秀です。
    参考:CMAMとSTAMとeMAXISの外国株式クラスの比較 2012/3
    「すべて配当込みの指数をベンチマークにすべき」とのご意見には私も大賛成です。