SBI証券で円MMFの積立てが可能になっている!

スポンサーリンク
 証券会社 

昨年9月より、SBI証券では従来はコールセンター扱いだった円MMFをネット上で購入可能となっていますが、これって当時から積立てにも対応していましたっけ??

SBI証券:MMF・中期国債ファンドのWEBサイトでの取扱を開始しました

昨日、保険の見直しにより浮いたお金を、短期の債券ファンドに自動積立てにしてしまおうとSBI証券のサイトを見ていて気付きました。MHAM MMF、ダイワMMF及び野村MMFの3銘柄が積立に対応しており、1円以上1円単位で申し込み可能。早速ダイワMMFの積立て設定を行いました。

逆に、楽天証券では昨年12月24日をもってMMFの新規買い付けが停止となっていますが、金利低下に伴う取引量および残高の減少の為との事。。。

楽天証券:MMF(マネー・マネージメント・ファンド)新規買付の停止について

 

住信SBIネット銀行のハイブリッド預金や楽天銀行のマネーブリッジの方が現時点ではMMFよりも金利が高くなっていますし、待機資金の置き場にはそちらを利用した方が一般には良いと思いますが、銀行口座では生活資金と投資用資金の区別があやふやになりがちです。

私のように意志が強くない人間が強制的に貯蓄するには、円MMFの自動積立は非常に便利なツールになるでしょう(私は新生銀行で大同MMFを保有していますが、新生銀行では自動積立が出来ません。あとはマネックス証券が円MMFの積立てが可能だったかな)。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 証券会社 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. ネコ より:

    今の時期(というもここ2年くらい)ずっと個別株にウェイトを置いて、できるだけ攻め態勢なのですが、将来のライフサイクルに向けて資産の数%でも安定資産へのシフトも考えております。
    強制積み立てという面では、SBIのハイブリッド預金とは違った魅力を感じます。

  2. kenz より:

    3ヶ月0.45%のSBIネット銀行の定期預金でも良いと思いますが、自動積立ということになると円MMFなのですね。
    あとはDLIBJ公社債オープン(短期)も自動積立可能ですが、タイミングによっては元本割れの時もあるので、期待リターンを求めるならDLIBJ、貯蓄観点なら円MMFになりますね。

  3. じゅん@ より:

    >ネコさん
    とりあえずMMFに強制積立てしておけば、後は株にまわすなり定期預金にするなり自由ですので、資金の捻出には非常に使い良い仕組みになると思います。
    >kenzさん
    ほぼ元本保証かつ自動積立という所がポイントです。
    円MMFは自由度が高い!
    DLIBJ公社債オープン(短期)は元本割れがあるのと、信託財産留保額の設定があるので、貯蓄目的では使いづらいのです(特に短期で使うかもしれない資金は)。