新興国株式クラス積立て用投信の選択(STAM vs eMAXIS)

スポンサーリンク
 インデックスファンド 

先日、STAMインデックスファンドシリーズの最新の運用報告書が公開されました。

この決算について「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の水瀬さんの方でも、記事にされていますが「新興国株式クラスの積み立て用投信をeMAXISからSTAMに切り換えてもよいかな」と書かれていますので、私はどう考えるか書いておきます。

 

eMAXIS vs STAM(新興国株式クラス比較)

まず、上の表にまとめたように、信託報酬率はeMAXIS新興国株式が低いものの、その他の費用を含めた実質コストはSTAM新興国株式の方が低く抑えられている傾向です。ただし、実質コストは両ファンドで算出期間がズレていますし、概算値なのでどこまで細かい比較に意味があるのかわかりません。

それよりも、この先どうなのか?と考えると・・・

新興国株ファンド流出入額比較.png

月次の資金流出入額を「投信まとなび」よりピックアップしてきました。

既にファンドの純資産額はeMAXISがSTAMを抜いていますし、ここ1年間の資金流出入額を見ても、eMAXISがSTAMを常に上回っています。

投信の場合、スケールメリットにより規模が大きい程余計なコストがかからないでしょうから、今後eMAXISも実質コストがより下がる可能性があるんじゃないかな(今後の注目点です)。

信託報酬率は確実にかかるコストですが、実質コストは不確定な要素を含んでいるので、よっぽどひどい運用状況でない限り、信託報酬の安い投信を選ぶというのが、そもそもの私の考えですが、新興国株式クラスについても、信託報酬率が低いeMAXISを今まで通り積み立てるというのが私の現時点の結論です。

まぁ、どっちでも大差無いというのが実際のところ・・・(苦笑

コメント

  1. 水瀬ケンイチ より:

    こんにちは、水瀬です。
    私もSTAMに乗り換えるかどうかは、まだ決めていません。
    私の場合、どうせ海外ETFにリレーしてしまうので、コンマ何%の違いくらいではあまり検討の意欲がわかないというのが、正直なところです。

  2. じゅん@ より:

    >水瀬さん
    水瀬さんが「eMAXISからSTAMに切り換えてもよいかな」と書かれると、「そうなのか!」と良く考えずに影響されて乗り換える人も出てくるかも?
    私だったらこう考えるという記事をTBさせて頂きました。