CMAM日本株式・債券インデックスe 第1期決算

スポンサーリンク

低コストインデックスファンドとして昨年登場した、CMAMインデックスeシリーズのうち、日本株式クラスと日本債券クラスが昨日(1/24) 第1回目の決算を迎えました。

  • CMAM日本株式インデックスe 信託報酬0.3885%, 信託留保なし
  • CMAM日本債券インデックスe 信託報酬0.3885%, 信託留保なし

いずれも分配金は出していません

 

また、私が自動積立を行っているCMAMの外国株式・債券クラスについては、2月7日が決算日となっています(CMAM日本株式インデックスeについてもこの1月から積立開始しました)。

CMAMインデックスeシリーズは、新設ファンドということで最初の運用報告書が出るのを待っている方が多いのではないでしょうか?
(運用報告書が上がってくるのは1ヶ月後くらいでしょうか)

私自身はCMAMインデックスeシリーズは、マザーファンドが既存のインデックスファンドの多くと共通しており、その純資産規模も十分な事から、見切り発車でCMAMに乗り換えてしまいました。運用報告書で隠れコスト等が明らかになった後の資金の流れ(ライバルのSTAMやeMAXISとの間での)がどのように変わるのか?楽しみです。

コメント