マネックス証券より口座管理サービス「MONEX ONE」が登場

スポンサーリンク
 証券会社 

銀行や証券会社などの口座情報を一括管理するツールは資産管理の上で非常に役立ちますが、1月17日より「MONEX ONE」という新しいツールが登場するようです。

関連一括口座管理サービス「MONEX ONE」

スポンサーリンク

MONEX ONEの凄い点

この手のツール・ソフトとしては、「MoneyLook」が有名で私も利用していますが、「MONEX ONE」の凄い点は先にリリースされた資産設計アドバイスツール「MONEX VISION β」と連携している事!

元々、MONEX VISIONはマネックス証券で保有する株や投信など資産情報を自動で取り込んで、ポートフォリオ分析をする事ができましたが(他社保有資産は金額を手入力可)、これがマネックス証券以外の金融機関で保有している資産についてもMONEX ONEを通じて取り込む事が出来るようになります。

 「MONEX VISION β」に取り込んだ預金や株式(ETF、REIT も含む)等の資産情報は、投資信託を除き自動的に資産クラスに分類されます。投資信託に関しても、マネックス証券で取扱いのある銘柄であれば、自動的に資産クラスに分類するように設定できます。
また、取扱いのない銘柄であってもイボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社の「投信まとなび」サイト等を参考に、お客さまご自身にてデータを入力していただくことで11 種類の資産クラスに配分し分析することができます。

プレスリリースより

MONEX ONEの今後の課題

2011 年1 月現在対応しているのは、銀行、証券、クレジットカード、公共料金およびポイントサイト等138 サイト
Money Lookは700以上の金融機関等に対応している事をウリにしていますので、対応金融機関の拡大は今後の大きな課題かと思います。

また、この手のサービスで気になるのは、システムのセキュリティですが、NTT ビズリンクの「Agurippa(アグリッパ)」がベースとなっているとの事で、ジャパンネット銀行「JNBアグリゲーション」やマイクロソフト「MSNマネー 残高照会サービス」他、多数の実績を見る限りある程度安心して良いのかな。

という訳で、来週実際に使えるようになりましたら、使用感などレビューしたいと思います。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 証券会社 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. のら より:

    これ、素晴らしいですね。
    今はYahoo!のMoney Lookを使っているのですが、乗り換えようかと食指が動いてしまいます。

  2. hojyaman より:

    マネックス証券新しいサービスですか、是非つかってみたいと思います。ご紹介ありがとうございます。
    後、もしよければ相互リンクもお願いしたいと思います。よろしくお願いします。

  3. じゅん@ より:

    >のらさん
    本日より使用できるはずですが、アクセスが多すぎるようでエラーで繋がりません・・・
    結構注目されているみたいですね。
    >hojyamanさん
    コメントありがとうございます。
    「相互リンク」については、申し訳ないですが現在募集しておりません(詳しくはこちらを参照下さい)

  4. さと☆ より:

    こんばんは、はじめまして。しばらく前からウォッチさせていただいていました。
    さて、Monex One、こちらでその存在を知り、昨日、本日と何度かアクセスをしてみたのですが、やはりエラーでつながりませんでした。
    できるだけ早くトラフィック対策を講じて、安定的に使えるようになってほしいものですね。

  5. じゅん@ より:

    >さと☆さん
    ようやくスンナリとログイン出来るようになってきましたね。
    是非また感想などお寄せください。