最近のバランスファンド運用状況とアセットアロケーション

スポンサーリンク
 バランスファンド 

昨日「SBI資産設計オープン」の運用報告書を見ていて気になったのは、他のバランスファンドの運用状況はどうなのだろう?という点。

丁度、MONEX VISIONの件でアセットアロケーションを考える機会もあった事から、何か参考になるかと各バランスファンドの近況をまとめてみました。

直近1年の基準価額の変動はこちら。

過去1年の基準価額の変動

名称 SBI資産設計(資産形成型) マネックス資産設計(育成型) 楽天資産形成 グローバルインデックスBF セゾンバンガードGBF 世界経済インデックス
運用会社 住信AM DIAM AM 明治安田AM CMAM セゾン投信 住信AM
設定日 2008年1月 2007年1月 2008年12月 2008年3月 2007年3月 2009年1月
純資産額 25.8億円 76.4億円 5.1億円 18.0億円 326億円 8.9億円
信託報酬 0.714% 0.9975% 0.525% 0.63% 0.74% 0.63%
信託財産留保 0.15% 0.30% なし 0.20% 0.10% 0.10%
基本資産配分 国内株 20% 21% 42% 33.3% 4.8% 5.0%
国内債券 20% 29% 26% 10.1% 5.0%
先進国株 20% 13% 18% 33.3% 38.3% 30%
先進国債券 20% 26% 10% 33.3% 38.8% 30%
新興国株 1%(アジア) 7.0% 15%
新興国債券 15%
国内REIT 10% 6%
海外REIT 10% 5%
株式比率(REIT含む) 60% 45% 60% 66.6% 50.1% 50%
外貨比率 50% 44% 28% 66.6% 84.1% 90%

同時にグラフ上に示せるファンド数に限りがあった為、「世界経済インデックスファンド」はグラフ上から省いてしまいましたが、この1年のリターンは「マネックス資産設計ファンド」とほぼ同じ。ただしボラティリティは大きいです。

さて、いずれもインデックスファンドを組み合わせたバランスファンドですが、やはりどういう資産配分をするかで基準価額の変動に影響がありますね(注:「楽天資産形成ファンド」はアクティブファンドにより構成)。

自分のアセットアロケーションにはREITを入れるか?入れないか?
新興国株・債券を入れるか?入れないか?
まぁ、資産形成を謳ったバランスファンドにもこれだけ違いがある訳で、なかなか奥の深い問題です。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 バランスファンド 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント