NISAへの注目度が高まってきた?!

スポンサーリンク

NISAについて全く具体的な話が聞こえてこず、「そう言えばNISA導入はどうなるのだろう?」という記事を書いたのが8月でしたが、ここのところ証券優遇税制の廃止の話と絡んで、少し目にする機会が増えているように思います。

NISA(日本版ISA)とは、2012年から導入が予定されている投資信託や上場株式等のための非課税制度
最大300万円(毎年100万円×3年)まで、最長10年間非課税という中途半端な設計なのがなんともですが、折角利用できるものは賢く利用しないとね。

 

うちは夫婦ふたりの枠(年間100万円x2)をフルに活かせるよう資金繰りをしようと思っています。
まぁ、対応金融機関や対応投信のラインナップがもう少しハッキリしない事には具体的な作戦は立てられませんが、とりあえず海外ETFへのリレー投資は中断です。

それにしても来年10月1日から口座開設が始まる予定にしては、まだまだ一般には認知されていないのが不安(私の職場の周りでNISAを知っている人はゼロかも)。

金融機関にしても、NISAへの対応はコストのかかる事でしょうから、やりたくないというのが本音かもしれませんね。

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 iDeCo・NISAの活用 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. あつまろ より:

    あつまろです。
    日本版ISA制度ってコンセプトは素敵ですけど、
    いまのままだと効果が限定的になりそうですね。
    施行されても世の中の9割くらいの人が
    よくわからないまま話が進んで
    金融リテラシーの格差が生まれそうですね。
    日本版ISAだけでなく、
    金融商品一体課税と納税者番号も含めて
    一気に大改革してもらいたいです。

  2. じゅん@ より:

    >あつまろさん
    無理に煽る必要は無いのですが、この制度をきっかけに投資に興味をもつ人が増えると良いんですけどね。
    まぁ、税金面で有利と言えば財形貯蓄がありますが、これも低金利だからか、社内でも積み立てている人はごく限られていましたし、株式市場が盛り上がらない事には日本版ISAも厳しいのだろうなと思います。一体課税の実現と簡素化は是非急いでもらいたいです。

  3. 矢向 より:

    日本版ISAって竹川美奈子さんのブログで知りましたが、
    スッゴイですね。
    っで、すっごいということが分からない人がいる時点で残念。
    そんな感じですね~。

  4. じゅん@ より:

    >矢向さん
    期間が3年限定だったりと、中途半端な制度なのは確かですが、我が家ではしっかり活用させて頂く予定です。