特定口座の「みなし廃止」について

スポンサーリンク

楽天証券より、特定口座の「みなし廃止」の案内が来てしまいました。

特定口座に残高が無くなった日以後2年を経過する日の属する年の12月31日までの間に残高が生じない場合、翌年の1月1日に特定口座が廃止されると言うものです(MRF残高アリじゃ駄目なんですね)。

確かに、年間取引報告書の作成ほか、楽天証券さんには無駄なコストを払わせてしまって申し訳ないのですが・・・今後取引する意思が無いわけでは無いんですよ!
ファンドの償還統合・改悪で失望した2社については今年口座を廃止しました。)

スポンサーリンク

楽天証券の使用予定が未定

そう・・・海外ETFの特定口座対応を先頭を切って実施してくれれば、全ての保有ファンド・ETFを移管し、以後定期的に積み立てていく事を約束するのですが。

海外株ETFの国内上場は、なかなか難しい問題を抱えている事も明らかとなってきていますし(参考記事:吊られた男の投資ブログ:「(外国株インデックスが上場されても)国内上場ETFに期待できない吊られた男」)、チャンスだと思うんです。

という訳で、海外ETFの特定口座対応が実現する日が案外近いかもしれないと、みなし廃止されないよう、臨時で「(1306):TOPIX連動型上場投資信託」を10口購入し、特定口座に入れておきました(廃止されると、再度開くのに手続きが面倒ですので・・・)。

 証券会社 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. 吊られた男 より:

    私のブログエントリーの紹介ありがとうございます。
    国内上場ETFへの期待感がしぼむ中、じゅん@さんも言われるように海外ETFの特定口座対応が一番現実的に期待できるところかもしれません。
    ここにも何か難しいハードルがあるのかもしれませんが・・・

  2. (外国株インデックスが上場されても)国内上場ETFに期待できない吊られた男

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-731-0912102341.html
    先の海外株を対象とした国内ETF作成は難しいというエントリーで、国内ETFで海外株インデックスに(妥当な条件で)投資するのは難しそうだということをつぶやき…

  3. じゅん@ より:

    >吊られた男さん
    MSCI KokusaiのETFなどの国内上場を待ちわびながらも、実際に上場しても使い物にならないのではないかという点。
    何となく感じていた事が、吊られた男さんの記事で上手くまとめられていると思います。
    海外ETFの特定口座対応は野村證券は大和証券では既に実施されているハズなので、ネット証券でも実現の可能性は高いと思うんですけどね(タダでと言わず、いくらか口座維持費のようなものを負担しても良いですし)。

  4. ほしママ より:

    初めまして。
    ジョインベスト証券の解約方法を探していて、こちらのブログにたどり着き、こちらのブログの記事を読んでインデックス投資信託の積立を始めたものです。
    私も数年前、某地方銀行に開いていた特定口座を知らない間に見なし廃止されていました・・・。まあ、そこは二度と使わないのでいいのですが。
    でも、今後も使う予定があるところで特定口座を廃止されてしまうと痛いですよね;;自分もカブドットコム証券の特定口座が廃止されてしまいそうな危機なので、何か適当なものを買って廃止されないようにしないと、と悩み中です。
    話は変わりますが、勝手ながら当サイトから貴サイトへリンクを張らせていただきました。問題がありましたらおっしゃってください。

  5. じゅん@ より:

    >ほしママさん
    はじめまして。
    強制的に廃止されるのはなんだか気分が悪いですよね。
    後で思うと、株式だと売買手数料が割高なので、投資信託を最低単位購入した方が良かったのかもしれません。。。
    今後ともよろしくお付き合い下さい。