グローバルREITファンドのコスト比較

先日のSTAMインデックスファンドシリーズの決算まとめを見ていて、やはり気になるのはグローバルREITファンドの実質コストが高い点です。

新設で規模も小さいし、組入銘柄数も多い為、コストがかさむのは仕方がないと感じていますが、実際どうなのか?
代表的なグローバルREITファンドの最新報告書を元に、総コストなど比較してみました。

名称 決算日 保有銘柄数 純資産額 信託報酬 総コスト
STAM グローバルREITインデックス 第4期(2009/11/10) 201 18億円 24円 55円
0.861% 1.973%
第3期(2009/5/11) 218 15億円 18円 43円
0.861% 2.057%
DIAM 世界REITインデックス 第28-33期(2009/6/15) 222 483億円 14円 18円
0.893% 1.148%
三井住友グローバルREIT(世界の大家さん) 第59~64期(2009/7/17) 53 479億円 38円 55円
1.6695% 2.416%
DIAMワールド・リート・インカム(世界家主倶楽部) 第55~60期(2009/6/9) 52 1690億円 24円 27円
1.6590% 1.866%

 

まず、「STAM グローバルREITインデックス」ですが、指数に含まれる銘柄をほぼ完全に含む為、保有銘柄数は200以上と多いです。また、純資産額がまだ小さい事も影響するのか?余計なコストがかさみ、隠れコストを含む総コストは、信託報酬額の倍以上となっています。。。

一方、ゆうちょ専用の「DIAM 世界REITインデックス」ですが、こちらは7%前後J-REITも含んでいます。それにしても、銘柄数は多いのですが、コスト面では非常に優秀!(ただし、ノーロード販売ではない点が微妙)。

アクティブファンドからは2つ選んでみました。ちなみに「三井住友グローバルREIT(世界の大家さん)」はSBI証券ではノーロード、「DIAMワールド・リート・インカム・オープン」はこれまでノーロード(積立のみ)だったのですが、12/21より購入手数料1.05%に変更されます。

両アクティブファンドとも、銘柄数はREITインデックスファンド群に比べて少なめ、かつ純資産額が大きい為か、総コストは2%前後と、コスト面でのSTAMの優位性はそれ程ありません(少なくとも今のところ)。

この表を眺めていると、「STAM グローバルREITインデックス」が今後も安心して将来を託せるファンドになる為には、とにかく純資産額を増やすしかないのかなぁ。

マザーファンドの状況から、STAMよりも最近登場したeMAXISの先進国REITファンドが優れている可能性もあり得ると見ていますが・・・純資産額がネックになるのなら、状況は五分です。

私は、もうしばらくSTAMのグローバルREITファンドを積立ててみようと思います(eMAXISの第1期決算を目処に、またどうするかを考えます)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

おすすめ記事

 インデックスファンド 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する
投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください