バンガード・オールワールド(除く米国)スモールキャップETF(VSS)と小型株効果

スポンサーリンク
 投資コラム(一般) 

昨日記事にしましたが、バンガードのFTSE オールワールド(除く米国) スモールキャップETF(VSS)の取り扱いが始まっています

「小型株効果」と言うと、所詮は単なるアノマリー(はっきりした理論的根拠が無いがよく当たるとされる経験則)かもしれませんが・・・
利益が1000億円の会社と、1億円の会社では、同じく利益が10倍に成長するのは、1億円から10億円へと小さい会社の方が容易な気がするんですよね(ま、駄目になる企業も多のかもしれませんが)。

スポンサーリンク

FTSE指数における小型株の定義

VSSが指標とするFTSEのインデックスのルールでは、以下のように小型株を定義しています。
まず、世界を以下のユニバースに分けます。

  • 日本を除くアジア・太平洋
  • 欧州(先進国)
  • 欧州(エマージング)
  • 日本
  • 中南米
  • 中東・アフリカ
  • 北米

その上で、時価総額が指数ユニバースの上位86%に達しない企業で、地域ユニバースの上位97%以内の企業、ならびに総時価総額が1億米ドル以上であれば小型株として組み入れられる事に。

時価総額1億米ドルと言うと、国内でも私は全然知らない企業も並んでいるレベルですので、不安半分、しかし長期には大型株よりも成長を期待してしまいます。

私の場合、今はまだコアとなる資産クラスに力を注ぐ事が先ですが、いずれ小型株クラスも味付けにプラスしたいと思っています(日本株では、小型株に期待してRN小型コア(1312)を保有していますが、いまのところTOPIXに比べて利点を感じないのですがね)。

コメント

  1. バンガードETF  VTに続けて、VSSとVBにも投資

    PERMALINK: https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-721-0911210059.html
    世界の株式市場の9割をカバーするという、バンガード・トータル・ワールド・ストック