住信SBIネット銀行の為替コストが大幅に低下。SBI証券へのドル送金も可能に

米国株や米国ETFを購入する際には、ドルを入手する必要がありますが、SBI証券や楽天証券の為替取引は1米ドルあたり25銭(片道)の為替スプレッドがコストとしてかかります。

ところで、SBI証券の外貨建口座と住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座間は対象通貨を外貨のまま移動可能ですので、よりスプレッドの有利な住信SBIネット銀行でドルを調達して送金するのがセオリーです。

SBI証券、住信SBIネット銀行で外貨の資金移動が可能に!
2012年10月より、SBI証券の外貨建口座と住信SBIネット銀行の外貨普通預金口座間で対象7通貨を外貨のまま資金移動可能となる外貨入出金サービスが始まりました。現在は為替コストも下がり、更に使いやすくなっています!SBI証券、住信SBIネ

今回、住信SBIネット銀行の外貨預金の為替コストが8月10日付けで1米ドルあたり4銭に改定されました!!!

参照外貨預金の為替コスト改定のお知らせ

改定前は15銭でしたので、これは結構大きなニュースです。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行為替コスト改定

為替コスト改定内容

ドルに限らず対象通貨のスプレッドは証券での取引よりもかなり安くなっていますね。

ただし過去には改悪もあったので今後も約束されるものではない点は注意。

住信SBIネット銀行 為替コスト改悪
海外ETFの購入などSBI証券で米ドルを売買する場合、通常25銭のスプレッドがかかります。 SBI証券ではこの為替コストをより安くする為に、SBI証券のF...

さらに低コストで米ドルを調達するFX現引き

為替コストをなんとか安く済ませようと言うことで、SBI証券ではFXαからの現引きという裏技を使う事で1米ドルあたり0.5銭のスプレッドでドル調達が可能です。

ただし、10,000通貨単位の取引なので110万円以上の取引が必要になる点と、円からドルのみ利用できる仕組みである点に注意して下さい。

SBI証券で米ドルFX現引きの方法を解説
海外ETFや米株購入の為等で、米ドルを低コストで調達するにはSBI FXαにて米ドルの 現引き がコスト面で非常に有利です。現引きとは?FXのシステム上で持っているドルを、実際のドル現物として口座に入れる事です。以前に私が米ドルを現引きした
主要ネット証券 米ドル調達コスト比較
米国株や海外ETF (米国ETF) に投資する場合に、どの証券会社で取引するかを決める訳ですが、その際に最も考慮すべき事はドル調達コストです。 日本円から...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログランキング参加中。
応援頂けると大変嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

おすすめ記事

 海外ETF 
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する
投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください