マネックス証券 – VTを含む海外ETF6銘柄追加

スポンサーリンク

最近も「マネックス証券は何でVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)を取り扱わないのかね?」なんて話題が出ていましたが、本日8月7日(金)よりVTを含む、海外ETF6銘柄がマネックス証券に追加されました(待ってました!)。

ティッカー 銘柄(英語) 信託報酬
CIU iShares Barclays Intermediate Credit Bond Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国クレジット 1-10年 ファンド
0.20%
CSJ iShares Barclays 1-3 Year Credit Bond Fund
iシェアーズ バークレイズ 米国クレジット 1-3年 ファンド
0.20%
EMB JPMorgan USD Emerging Markets Bond Fund
iシェアーズ JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド
0.60%
IAU iShares COMEX Gold Trust
iシェアーズ COMEX ゴールド・トラスト
0.40%
SLV iShares Silver Trust
iシェアーズ シルバー トラスト
0.50%
VT Vanguard Total World Stock ETF
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
0.30%

 

いずれも、楽天証券やSBI証券では既に取り扱いのある銘柄です。

特にVTは、楽天証券とSBI証券が今年6月に取り扱いを開始した際に話題をさらった銘柄ですし、何故マネックス証券だけ扱わないのか?不思議だったんですよね(それにしても6月がずいぶん昔の事に感じます)。

きっと他にも隠し玉があったりと、何か企んでいるに違いないと思っていたのですが・・・意外にあっさりと?

>>投信ブログランキングはこちら。
いつも応援ありがとうございます。

 海外ETF 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアしてもらえると嬉しいです。
フォローする

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

コメント

  1. より:

    そうだったんですか。。。手数料が安くなったのと、VTの扱いがあるのとで、7月にマネックスから楽天へ乗り換えてしまいました。。。

  2. じゅん@ より:

    >な さん
    他にも乗り換えた方が居るかもしれませんね。
    海外ETFも簡単に移管できるので、また戻っても良いと思いますが。
    https://www.lay-up.net/archives/blog-entry-581-0901222021.html