私がアセットアロケーションに海外REITを入れる理由

スポンサーリンク

※本記事の内容は執筆当時の状況です。現在はREITファンドを保有していません(2016/11/13追記)

現在、私のアセットアロケーションでは海外REITが5%程度(この辺りを維持する予定です)。

ちょうど、前回DIAMワールド・リート・インカム・オープンの運用報告書の話を書いていて、そう言えば相互リンク先でREITの話ってあまり見かけないような?いや、そもそもREITファンドを組み入れていない人が多いのでは?と言う気がしました。

スポンサーリンク

アセットアロケーションに海外REITを入れる理由

私がアセットアロケーションに海外REITを入れている理由は・・・
分散対象の一つとして、わずか組み入れているに過ぎません。

あまり積極的な理由でないだけに、REITの魅力をこれ以上上手く語る事は出来ないのですが、伝統資産(株・債券)とは異なった動きをする(だろう)と言うことと、今なら分配金利回りが債券に比べて魅力的、また、不動産賃料は物価にスライドする(だろう)から債券に比べインフレに強い、というところでしょうか?
(日興AMの参考資料「グローバルREITの投資再考~金融危機のその先に。高まるREITの魅力」が判りやすくまとまっています)。

「アセットアロケーションがリターンの8割を決定する」とは言え、結局、何が正解かは判りません。最後はアートの世界になってしまうのでしょうが、REITを入れるか、入れないか?皆さんはどう感じていますか?

個人のアセットアロケーションの考え方
アセットアロケーション(資産配分)は運用成果の8割以上を決めると言われる程重要なもので、先日のインデックス投資ナイトでも第3部のお題として盛り上がった内容ですが...
 アセットアロケーション 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事がお役にたちましたら、是非シェアして頂けると嬉しいです。
Twitter・RSSを購読する

おすすめ記事

投信で手堅くlay-up!(インデックス投資ブログ)

この記事の感想を下のコメント欄でお寄せください

  1. 田舎のKen より:

    ボクはREITは入れていませんが、理由は「なんとなく投資に納得できない」からです(笑)。それこそアートの要素も気がします。
    あとは長期的に右肩上がりになるのかなあって思うのが少しあります。
    こうして見るとたいした理由はないような気がしますね(^^;)(笑)

  2. 私も分散投資の一つとしてポートフォリオにREITを入れています。
    しかし、日本株に投資すればJ-REITに投資していることになるので、J-REITには投資していません。
    主にアジアの不動産です。

  3. とよぴ~ より:

    ちょうどETFでのJ-REITである[1343]を検討している毎日です
    隔月分配である1345より四半期分配の1343が良いかな?っていうのとコストの差と単純に購入単位が1343の方が低いから積み立てにも行けるかな?ってところで
    ひとによって答えが様々ですね?
    海外REITでもETFが登場すれば良いんですけれど・・・。
    STAMのG-REITが前回の記事で案外高コストなのを見て勉強させていただきました♪

  4. モーム より:

    時々ブログを見させていただいています。私もリートをわずかですがポートフォリオに入れています。グローバルリートです。理由はじゅんさんと同じようなことです。STSM Gリートを毎月積み立てています。日本のリートには魅力は感じませんが海外は別ものです。

  5. じゅん@ より:

    >田舎のKenさん
    「なんとなく納得できない」から買わないと言う気持ちはよくわかります。
    REIT自体が長期的に右肩上がりにならずにと言う点は、最低トントンでもインカム部分の積み上げが見込めれば良いと(私は)思いますが。
    >グラフトン通りさん
    私も、J-REITは仕組み上、母体企業との繋がりが深いようなので、日本株として(不動産株を含んで)買っていれば良いのかなと、J-REITは買っていません。
    >とよぴ~さん
    投資額にもよるかもしれませんが、ETFだと分配金の再投資がやっかいなのかなと言う第一印象がありますがどうでしょうかね(一般のファンドとどちらが有利かちゃんと考えた事は無いのですが)。
    >モームさん
    海外と日本ではREIT制度の中身が結構違うようですね。US-REITだとJ-REITでは出来ない物件の開発なども可能なようですし、運営の方法の違いも。私も別物に感じます。

  6. Tansney Gohn より:

    じゅん@さん
    私の場合はスゴ6を買っていますのでSTAM G-REIT(J-REITも)が入っています。あまり積極的な意味はないのですが、理由を考えるとじゅん@さんとだいたい同じで、違う動きをしてくれればリバランスで利食いと逆張りが自動的に行われるので長い目で見て有利かもしれない、です。
    あと、世界経済インデックスファンドを最近買い始めましたのでこの中にはSTAM新興国債券も入っています。これもだいたい同じ理由です。新興国の債券はときどき為替レートの関係で暴落するそうですが、暴騰すれば利食い暴落したら逆張りで買えばよいと考えております。リバランスは勝手にやってくれますので気楽ですし税金もかかりません(笑)。
    上以外にSTAMの G株 TOPIX 新興国株 G債 を加えて 全体で 株7:債券3 ぐらいに調整しています。

  7. じゅん@ より:

    >Tansney Gohnさん
    コメントありがとうございます。
    やはりREITはあっても無くても良いという雰囲気ですね。
    SBI資産設計オープンファンドや、マネックス資産設計ファンドといったバランスファンドですら国内外REITが入っていますので、(インデックス投資ブログ界隈でも)もう少し一般的な投資先になっても良いように思います。

  8. mo-take より:

    こんばんは。
    私の場合、不動産株の代替としてJ-REIT ETF(1343)を組み込んでいます。
    株式と異なる値動きも”少し”期待しています。
    割合はわずか組み入れている程度で、ほとんど個人的な好みですね ^^;

  9. じゅん@ より:

    >mo-takeさん
    コメントありがとうございます。
    J-REITではファンドよりもETFが人気なのでしょうかね。
    確かに信託報酬を重視するとETF?(1343は取引単位も小さいですし)